バリアフリー リフォーム1

バリアフリーのリフォームを頼むときに注意したいこと

投稿日:

リフォームをする前にきちんと話し合う

バリアフリーのリフォームをすることによって、住宅内をバリアフリーの環境にすることができます。
これによって、高齢者や障害のある方でも安心して暮らせるようになるのですが、実際にリフォームを頼む前にきちんと話し合いをすることは大切でしょう。
リフォームをしたことによって、日常の生活に逆に支障が出てしまうことがあるのです。
それによって生活が逆に不便になってしまうことがないか検討しておきましょう。
すべての人にとってバリアフリーの環境が望ましいわけではないのです。
たとえば、小さな子供のいる家庭だと高齢者のための設備が
逆に危ないというケースもあるのです。
複数の世帯の家族が住んでいるような家の場合は特に配慮をするべきでしょう。

 

実際にバリアフリーのリフォームを検討しているならば、その家にいる人間すべての意見をきちんと聞くべきです。
家族で十分な話し合いをして、みんなが納得することが大切なのです。
そして結果的に誰にとっても暮らしやすいような環境になることが重要でしょう。
それぞれの家族に要望や意見を聞きながら、最終的にどのようなリフォームを実施するのか決めてください。
総合的な視点に立って慎重に検討を進めていくことが大事なのです。
あまり深く考えずに早く工事をしてしまうと後悔してしまうかもしれないでしょう。
一度工事を済ませてしまえばそれを元に戻すことは難しいです。

 

予算や費用、デザインなどについて考える

バリアフリーは大掛かりなリフォーム工事が必要となることがあります。
そうなるとかなりの費用がかかってしまうことになるでしょう。
そのため、慎重に検討することが大切です。
リフォームを失敗したくない場合はこちらの記事(リフォーム費用で失敗しない方法)もおすすめです。
どのくらいの費用がかかりそうなのかを計算してみて、実際にそれを支払う際のマネープランも考えるべきです。
どうやってお金を準備するのか、ローンを組むならば返済プランについても考えるべきでしょう。
また、将来的にさらに別のリフォームが必要となることがあるかもしれません。
段階的にリフォームをしていくも珍しくないからです。
一度にすべての工事を済ませてしまうよりも、段階的に工事を進めるほうが費用を分散することができます。
こういったことも含めて総合的に考えてください。

 

また、バリアフリーのための設備にはいろいろなデザインのものが存在しています。
単に機能性だけを重視してしまうと住宅の雰囲気に影響を与えてしまうでしょう。
デザイン性についても考慮してバランスの良いリフォームを実施してください。
バリアフリー化を実現する際にはいろいろな選択肢があることを知っておきましょう。
その中から自分達の家庭にとって最適なものを選ぶべきです。
誰にとっても最高の環境を実現することが大切なのです。
実際にどんな設備があるのかデザインや利便性をチェックすることも重要でしょう。
よく業者の人と話し合ってください。

 

 

それぞれの障害に合ったリフォームを実施する

バリアフリーのための設備を検討する際には、身体機能の障害に合わせて選ぶことが大切です。
高齢者になると体にいろいろな障害が出ることがあるのですが、それにはいろいろな種類があるのです。
たとえば神経や筋肉に障害が出ることがあります。
この時にはバランス感覚が悪くなってしまったり、手先や足に力が入らなくなります。細かい動きができなくなることもあるのです。
こういう障害に対しては手すりを設置したり、段差を解消したり、引き戸を設置するといった解決方法があるでしょう。
床材をすべりにくいものにするのも効果的です。

 

視覚や聴覚の機能に影響が出てしまうことがあります。
物が見えにくくなってしまったり、暗くなると見えにくくなることがあるのです。
あるいは音が聞き取りづらくなるケースもあります。
こういう場合には足元灯を設置したり、壁の配色を明るくするという対処法があるでしょう。

 

骨格に問題が生じることがあります。
脚力が弱くなってしまったり、腰が曲がってしまったり、歩幅が狭くなることがあるのです。
この場合は照明スイッチの位置を変えることが重要でしょう。
また、階段の勾配を緩やかにするという対処法もあります。

 

このようにさまざまな障害に対して効果的な対処法が存在しているのです。
これらを考慮したうえで実際にどのようなバリアフリー化を図るのかを考えることになります。

 

 

障害の進行を考慮した上で設備を検討する

家族に高齢者や障害を持つ人がいるためにバリアフリー化を検討することが多いでしょう。
この時に、現在の症状から判断してどのようなリフォームを行うのか考えることがあります。
それは確かにそのタイミングでは効果的なのかもしれませんが、これから先どんどん障害が進行していくことを忘れてしまうべきではないでしょう。
特に加齢によって障害が生じた場合は、それが回復する可能性は少ないと考えるべきです。
そのため、これから徐々に障害が進行していくことを考慮したうえでリフォームをすると良いでしょう。

 

障害が進行する度にリフォームをしていくという方法もあるのですが、これは手間がかかってしまうでしょう。
余計に費用がかかってしまう可能性もあります。
それならば、最初から将来の障害の進行度を考慮に入れたリフォームを実施する方が良いです。
そうすることによって、慌てて対応するようなことを防げるのです。
障害への対処が後手に回るような事態を防ぐことができるでしょう。
医師や福祉の専門家とよく相談をしながら、どのようなリフォームを実施していくのかを決めていきましょう。
これから運動機能がどんどん低下していったり、介助の必要度がどんどん増していくことを考えて
リフォームをするべきなのです。
計画性を持ってバリアフリー化を進めていくことをおすすめします。
そうすれば無駄なリフォームを避けられるのです。

 

 

助成制度を利用してリフォーム費用の負担を抑える

バリアフリーのためのリフォームについては
いろいろな助成制度が存在していることを知っておきましょう。
この制度を活用することによって、
リフォームにかかる負担を軽減することができるのです。
たとえば介護保険に加入しているならば、
それによってリフォーム費用の9割を補助してもらうことができます。
ただしこれには条件があります。まず要支援や要介護の認定を受けていなければいけません。
さらには介護保険の被保険者と同じ住所にある住宅で工事をして、
そこに本人が居住していなければいけません。
また助成額には限度があり、
最高でも支給額は18万円となっています。

 

また、こちらの助成については工事の種類が決まっています。
手すりの取り付けや段差の解消、滑りの防止、引き戸への取り換えなどに限定されているのです。
もし支給を受けたいならば市町村に届け出をしましょう。
すぐに対応してくれます。

 

それぞれの自治体ごとに独自の補助金制度を用意していることもあるためそちらも確認しましょう。
自治体の窓口できちんと確認してみてください。
多くの自治体ではバリアフリーのリフォームについての補助金制度が存在しているのです。
日本中で高齢化が進展しているため、これに対処することが求められています。
そのための補助金制度となっているのです。
費用を数十万円近く節約できるかもしれません。

タウンライフリフォーム





リフォーム成功の秘訣


管理人プロフィールページでも紹介していますが、私はリフォーム営業マンとして20年間の実績があります。


20年間の中で培った知識・経験からリフォームの成功の秘訣をお教えします。



リフォーム成功の秘訣




  • 満足いくリフォームをしたい

  • 適正な価格でリフォームをしたい

  • リフォームの失敗が怖い

  • 余計なお金を払いたくない

  • 安心できる企業にお願いしたい



これらは、リフォームを検討している誰もが感じていることです。
しかし、リフォーム後に「失敗した」「後悔した」という方が、思った以上に多いです。
せっかく、リフォームをして新しい生活をスタートさせるのですから、適正な価格で、満足いくリフォームを実現したいですよね。



「では、なぜ失敗や後悔の声が多いのか?」


失敗や後悔をしている方のほとんどの方に共通して言えることが、
業者選定を間違っているということです。



現在インターネットが普及して、情報が溢れ、業者のカタログやHPを見ても「うちがいい、うちがいい」
と情報発信をしているため、
選ぶ側としては困ってしまいますよね。
カタログやホームページを見ても、リフォームのイメージは湧いても、あなたの希望に合わせたリフォームが実現できるわけではありません



カタログやホームページの情報だけを判断材料に業者選定をしてしまうことが一番危険です。


リフォーム会社選びは「相見積もり」が効果的


業者選びには相見積もりが非常に効果的です。営業マンの中には「当社だけでやらせてほしい」とよく営業マンから懇願されることがあります。しかし私は、かつてのリフォームの営業マン時代でも、このようなことは一度も言ったことはありません。



むしろ「複数の業者に提案させた方が良いですよ」とアドバスしました。


住宅リフォームは、オーダーメイドです。
リフォームの提案やアドバイスは、業者によって異なりますので、複数の業者にプランや見積もりを提案してもらった方が、色々と比較ができて、良いものを選ぶことができます



そして、見積もり書を並べて見比べるだけで、カタログには載っていない、各社の特徴や問題点に気がつきます。
各業者のメリット・デメリットが見えてくる
費用の比較はもちろん、各会社のプリフォームプラン、担当営業との相性等、業者選びの材料が豊富に手に入ります。


業者のメリットだけではなくデメリットも見えてくる点がポイントです。



また、相見積もりは安い会社を見つけるにも有効です。リフォームの場合、全く同じ条件で見積もりをとっても、50~100万円程度の価格差がでることは珍しくありません。



価格重視で業者を探す方にも、相見積もりは非常に有効な方法なのです。


相見積もりを簡単にもらう方法


相見積もりの利点はわかったけど

「面倒くさそう…」「見積りまで時間がかかりそう」「やり方がわからない」

など、不安がある方も多いと思います。


確かに、相見積もりをとるためには、一社一社問合せたり、電話をかけたりしなければいけないので、時間と労力がかかります。



そこで私がおすすめするサービスがタウンライフリフォームというサービスです。




タウンライフリフォームは無料で利用できる一括見積り請求サービスです。



タウンライフリフォームを利用すると、あなたの条件にマッチした優良企業複数社から見積りが届きます。



お忙しいご家庭でも、簡単に相見積もりをとることができるようになります。
しかも、スマートフォン対応なので電車の中でも簡単に見積もり請求が可能です。



タウンライフのメリットはこれだけではありません!!
通常の一括見積りサービスは見積もりが届いて終わりなのですが、タウンライフの場合は…




  • リフォームの見積もり

  • リフォームのアイデア、アドバイス

  • リフォームのプラン



この3つが届きます。費用の話以外にも悩みがある方、初めてのリフォームで心配な方もアイデア、アドバイスがもらえるので安心です。


比較材料も多いので、あなたの条件に合った形で、最適な料金でリフォームしてくれる業者を探すにはぴったりのサービスです。


しかも、オンラインサポートだから手間がかからない!!


タウンライフリフォームは「選べる・伝える・貰える」無料でオンラインサポートが受けられます。
選べる・貰える・伝える


これだけ充実していて、完全無料なのがびっくりです。


簡単にご利用の流れも紹介しておきますね。


タウンライフリフォームはパソコン・スマートフォン対応サイトなので、電車の中でも簡単に利用できます。


流れとしては…


簡単3ステップ




  1. 希望地域希望箇所を選択

  2. 依頼内容依頼希望会社を選択

  3. 依頼完了!!



簡単3ステップなので手間いらずです。


タウンライフは全国300社以上の業者と提携


タウンライフリフォームは全国300社以上の業者と提携しております。



大手リフォーム会社~地域密着型の小さい会社まで幅広く提携してます。↓↓
大手リフォーム会社~地域密着型の小さい会社まで幅広く提携
この300社の業者の中からあなたの条件にマッチした複数の専門家がリフォームを成功に導く、リフォームアドバイスを提案してくれます。



↓ ↓ ↓管理人のおすすめサイトはこちら↓ ↓ ↓



タウンライフは累計112万人が利用しているサービス


タウンライフシリーズの累計利用者は何と112万人です。
これだけの利用者がいながら悪評が立たないのがタウンライフの凄さだと思います。



利用者目線に立ったサイト作りがユーザーに支持される最大の理由なのかもしれませんね。


【限定】成功するリフォーム7つの法則プレゼント中


タウンライフリフォーム利用者限定先着99名で「成功するリフォーム7つの法則」をプレゼント中です。
無料で使えるサービスなのにプレゼントまで貰えるなんてお得ですね!もらえるものはもらっておきましょう!

↓ ↓ ↓管理人のおすすめサイトはこちら↓ ↓ ↓





↓管理人おすすめサイト↓


すべての人がよいリフォームを望み、
すべてのリフォーム会社がよいリフォームを謳っているにも関わらず、
リフォームで失敗する人が後を絶えないのはなぜでしょうか?

-バリアフリー, リフォーム1

Copyright© リフォームの見積りや費用 , 2020 All Rights Reserved.