キッチンリフォーム リフォーム1

失敗しないキッチンリフォーム!リフォーム前にチェックしておきたいこと

投稿日:

キッチンリフォームにかかる費用

キッチンのリフォームは基本的に費用が結構かかるものです。
それで理想のキッチンは頭の中に浮かんでいても、いったいどれくらいの費用がかかるのかわからないというのが実情でしょう。
まずキッチンの形状によって基本的な価格は変わってきます。
I型キッチンよりもL型キッチン、L型キッチンよりも対面型キッチンのほうが費用がかかります。
同じタイプのキッチンでも具体的な仕様をどのようにするかで価格は大きく違ってきます。
例えばI型キッチンでもシンプルなものであれば50万円くらいの費用でリフォームできるものもありますが、ハイグレードのものだと100万円を超えるものもあります。
同じ型のキッチンでもこのように倍ぐらい価格が変わってくることがあるわけです。
実際に必要な価格については、見積ってもらうことがおすすめです。
業者選びの点でも複数見積ってもらうことが必要になります。

 

キッチンのリフォームでどうしても価格が高くなってくるのが、キッチンの移動を伴うようなタイプのリフォームの時です。
今まで壁側にくっついていたキッチンを移動させて対面型のキッチンに変えたいという場合などがそうです。
排水管やダクトの工事が必要になってくるのでどうしても費用がかさんできます。
さらに工事が始まってみたらキッチンの周りがかなり傷んでいたとなると追加で工事が必要になり、費用が高くなってしまうという可能性もあります。
見積もり段階でわかることはしっかりと打ち合わせておく必要があります。
予算と費用の割合をしっかり見極めておかなければいけませんね。

 

収納をどれくらい増やせるか確認

今現在キッチンの収納に満足している場合は、収納が減ってしまったり、使用しずらいキッチンになったりしないように気をつけなければなりません。
逆に今のキッチンの収納ではちょっと足りていないという方はリフォームを機に収納を増やすことができるかどうか作戦を練ってみましょう。
収納を増やせるならば今までよりもスッキリとキッチン周りを片付けられるかもしれませんし、新たなお料理アイテムも上手に収納できるようになるでしょう。
しっかりとキッチン用具を収納するためには、調理台にあまり物を置きっぱなしにしないほうがよいでしょう。
その点も考えながら収納スペースを考えていくならばリフォーム後はキレイで片付いたキッチンで毎日のお料理を楽しむことができます。

 

収納スペースを増やすために少し高い所に収納を増やす方法がありますが、背の低い女性であれば取り出したり戻したりするのが大変になってしまうかもしれません。
基本的によく使うキッチン用具は腰から目の高さの範囲に収納できると使い勝手が良いようです。
利用頻度の高いものを取り出しやすいところに置いておく方が使いやすいでしょう。
逆に利用頻度の低いものを閉まっておけるだけの収納スペースがあるかどうかもチェックしたいポイントです。
収納内に仕切りを作って収納しやすく工夫している人も多いようです。
色々なアイデアを考えてスッキリ清潔なキッチンを作りましょう。

 

どんなレイアウトに変更できるかをチェック

特にキッチンのタイプを大幅に変える場合などは間取りやレイアウトがガラっと変わると思います。
調理の流れに合った作業しやすいレイアウトをしっかりと考えておく必要があります。
特に気を遣うべきなのはキッチンの寸法です。
中でもキッチンの高さと通路の幅がどれくらい確保できるかは重要なポイントです。
通路の幅は120cm以上とっておくと二人利用の場合でも余裕がある幅となります。
U型レイアウトやアイランド型レイアウト、さらにはペニンシュラ型レイアウトなど色々なタイプのレイアウトがあるので、どのような形が自分にとって使いやすいかを脳内シュミレーションしておく必要があります。
また様々なキッチンのタイプを実際に見れるところに出かけていって、雰囲気を体験してくることもできます。

 

キッチンには大型の家電が入るので、その配置でキッチンの使いやすさがかなり決まってくるといっても過言ではありません。
特に重要なのは冷蔵庫の配置です。
基本的に冷蔵庫とシンク、調理台は近いほうが使い勝手が良いと言われています。
キッチンのレイアウトを考える時はどこに冷蔵庫を置いて、その場合どのような動作の流れになるかをイメージしておくと失敗しないキッチンリフォームになると思います。
そのほかにも食器棚のサイズや配置、使い勝手の良さもチェックしておきましょう。
見積もりの段階でしっかりとこうしたレイアウトも考えておきましょう。

 

 

最新のキッチン機能を導入できるか

キッチンをリフォームするときは全体がキレイになるだけでなく、最新の機器を導入するのも楽しみの一つです。
どのような設備が最近人気となっているのでしょうか。
収納という面で人気があるのがベースキャビネットというものです。
スライド収納という出し入れがしやすいタイプのものが好評で、ベースキャビネットでも物が取り出しやすいということで人気があります。
換気扇に関しても従来のプロペラタイプのものよりもレンジフードが人気になってきています。
レンジフードでもフィルターの掃除が面倒だったと思いますが、最新のレンジフードでは自動で掃除してくれる製品も現れています。
ボタンひとつで自動で掃除してくれるならばかなり手間が省けますね。

 

リフォームの際に導入するキッチン機器の王道といえばやはりIHクッキングヒーターでしょう。
IHクッキングヒーターは掃除もしやすくまた安全性の面でも評判がいいので多くの人がリフォームの際に導入しています。
手荒れが大変な食器洗いの問題を解決してくれるのが食器洗い乾燥機です。
以前のタイプだと洗浄したといっていても、やはり機械だけでは十分に洗浄ができていないということがありましたが、最近の食器洗い機は性能が高くなっています。
手洗いでは落ちないような汚れも落としてしまう高性能の商品も登場しています。
また騒音問題もだいぶ改善されてきていますので、今後キッチンリフォームをお考えの方は食器洗浄機の導入を考えてみてはいかがでしょうか。

 

追加費用の有無を事前にチェックしよう

これはリフォーム業界全体のジレンマでもありますが、やはり工事が始まったあとで追加工事があり、追加の費用がかかる場合があります。
実際に工事が始まらないと判明しない問題も確かにたくさんあるので、一概に追加工事や追加費用すべてが悪いわけではありません。
しかし問題はどんどんと追加をされて、費用が膨れ上がってしまうというケースです。
さらにこの追加工事をしないと本来やろうと思っていたリフォームに支障が出るなどと言われて渋々高額の追加工事を受け入れるといったケースもあるでしょう。
どこまでいっても100%ということはないかもしれませんが、見積もり段階で、どんな追加工事が出てくる可能性があるかをしっかりと聞いておくのは大切なことです。
一般的にどんな追加費用が発生することが多いのか経験から語ってくれるはずです。
あまり曖昧なことしか言わない業者には気をつける必要があるでしょう。

 

キッチンリフォームの見積もりを取るときにはリフォームの箇所とキッチンのグレード、現在のキッチンに関して不満に思っていることや、リフォーム後にどうなって欲しいかという具体的な希望をきちんと伝えておくようにしましょう。
複数の業者に見積もりを取るときにはどの業者にも同じ情報を伝えて、正確に見積もりを比べることができるようにしておきましょう。
気持ちよく新しいキッチンで作業ができるように、用意周到でリフォーム工事を迎えましょう。

タウンライフリフォーム





リフォーム成功の秘訣


管理人プロフィールページでも紹介していますが、私はリフォーム営業マンとして20年間の実績があります。


20年間の中で培った知識・経験からリフォームの成功の秘訣をお教えします。



リフォーム成功の秘訣




  • 満足いくリフォームをしたい

  • 適正な価格でリフォームをしたい

  • リフォームの失敗が怖い

  • 余計なお金を払いたくない

  • 安心できる企業にお願いしたい



これらは、リフォームを検討している誰もが感じていることです。
しかし、リフォーム後に「失敗した」「後悔した」という方が、思った以上に多いです。
せっかく、リフォームをして新しい生活をスタートさせるのですから、適正な価格で、満足いくリフォームを実現したいですよね。



「では、なぜ失敗や後悔の声が多いのか?」


失敗や後悔をしている方のほとんどの方に共通して言えることが、
業者選定を間違っているということです。



現在インターネットが普及して、情報が溢れ、業者のカタログやHPを見ても「うちがいい、うちがいい」
と情報発信をしているため、
選ぶ側としては困ってしまいますよね。
カタログやホームページを見ても、リフォームのイメージは湧いても、あなたの希望に合わせたリフォームが実現できるわけではありません



カタログやホームページの情報だけを判断材料に業者選定をしてしまうことが一番危険です。


リフォーム会社選びは「相見積もり」が効果的


業者選びには相見積もりが非常に効果的です。営業マンの中には「当社だけでやらせてほしい」とよく営業マンから懇願されることがあります。しかし私は、かつてのリフォームの営業マン時代でも、このようなことは一度も言ったことはありません。



むしろ「複数の業者に提案させた方が良いですよ」とアドバスしました。


住宅リフォームは、オーダーメイドです。
リフォームの提案やアドバイスは、業者によって異なりますので、複数の業者にプランや見積もりを提案してもらった方が、色々と比較ができて、良いものを選ぶことができます



そして、見積もり書を並べて見比べるだけで、カタログには載っていない、各社の特徴や問題点に気がつきます。
各業者のメリット・デメリットが見えてくる
費用の比較はもちろん、各会社のプリフォームプラン、担当営業との相性等、業者選びの材料が豊富に手に入ります。


業者のメリットだけではなくデメリットも見えてくる点がポイントです。



また、相見積もりは安い会社を見つけるにも有効です。リフォームの場合、全く同じ条件で見積もりをとっても、50~100万円程度の価格差がでることは珍しくありません。



価格重視で業者を探す方にも、相見積もりは非常に有効な方法なのです。


相見積もりを簡単にもらう方法


相見積もりの利点はわかったけど

「面倒くさそう…」「見積りまで時間がかかりそう」「やり方がわからない」

など、不安がある方も多いと思います。


確かに、相見積もりをとるためには、一社一社問合せたり、電話をかけたりしなければいけないので、時間と労力がかかります。



そこで私がおすすめするサービスがタウンライフリフォームというサービスです。




タウンライフリフォームは無料で利用できる一括見積り請求サービスです。



タウンライフリフォームを利用すると、あなたの条件にマッチした優良企業複数社から見積りが届きます。



お忙しいご家庭でも、簡単に相見積もりをとることができるようになります。
しかも、スマートフォン対応なので電車の中でも簡単に見積もり請求が可能です。



タウンライフのメリットはこれだけではありません!!
通常の一括見積りサービスは見積もりが届いて終わりなのですが、タウンライフの場合は…




  • リフォームの見積もり

  • リフォームのアイデア、アドバイス

  • リフォームのプラン



この3つが届きます。費用の話以外にも悩みがある方、初めてのリフォームで心配な方もアイデア、アドバイスがもらえるので安心です。


比較材料も多いので、あなたの条件に合った形で、最適な料金でリフォームしてくれる業者を探すにはぴったりのサービスです。


しかも、オンラインサポートだから手間がかからない!!


タウンライフリフォームは「選べる・伝える・貰える」無料でオンラインサポートが受けられます。
選べる・貰える・伝える


これだけ充実していて、完全無料なのがびっくりです。


簡単にご利用の流れも紹介しておきますね。


タウンライフリフォームはパソコン・スマートフォン対応サイトなので、電車の中でも簡単に利用できます。


流れとしては…


簡単3ステップ




  1. 希望地域希望箇所を選択

  2. 依頼内容依頼希望会社を選択

  3. 依頼完了!!



簡単3ステップなので手間いらずです。


タウンライフは全国300社以上の業者と提携


タウンライフリフォームは全国300社以上の業者と提携しております。



大手リフォーム会社~地域密着型の小さい会社まで幅広く提携してます。↓↓
大手リフォーム会社~地域密着型の小さい会社まで幅広く提携
この300社の業者の中からあなたの条件にマッチした複数の専門家がリフォームを成功に導く、リフォームアドバイスを提案してくれます。



↓ ↓ ↓管理人のおすすめサイトはこちら↓ ↓ ↓



タウンライフは累計112万人が利用しているサービス


タウンライフシリーズの累計利用者は何と112万人です。
これだけの利用者がいながら悪評が立たないのがタウンライフの凄さだと思います。



利用者目線に立ったサイト作りがユーザーに支持される最大の理由なのかもしれませんね。


【限定】成功するリフォーム7つの法則プレゼント中


タウンライフリフォーム利用者限定先着99名で「成功するリフォーム7つの法則」をプレゼント中です。
無料で使えるサービスなのにプレゼントまで貰えるなんてお得ですね!もらえるものはもらっておきましょう!

↓ ↓ ↓管理人のおすすめサイトはこちら↓ ↓ ↓





↓管理人おすすめサイト↓


すべての人がよいリフォームを望み、
すべてのリフォーム会社がよいリフォームを謳っているにも関わらず、
リフォームで失敗する人が後を絶えないのはなぜでしょうか?

-キッチンリフォーム, リフォーム1

Copyright© リフォームの見積りや費用 , 2020 All Rights Reserved.