オール電化 リフォーム1

オール電化にしたい!業者に見積りを取る時の注意点とは?

投稿日:

太陽光パネルの接地の方位に注目

オール電化に関して重要なのは太陽光発電のための太陽光パネルの設置です。
とりあえず屋根の上に太陽光パネルを設置すればどんどんと電力を生み出すと思い込んでいる人も多いと思います。
しかしそれは大きな間違いで、太陽光パネルをどの方位に向かって設置するかが非常に重要で、発電量が異なってきます。
まずは設置する方角が重要ですが、さらにその太陽光パネルに向かって日中どれだけ太陽の光が射すかが重要です。
近くに高い建物や電柱、樹木などがある場合、時間帯によっては影が伸びてきて太陽光パネルにかかることがあります。
それだけでも発電量は下がるのです。
ですから1日通しての太陽光の射し方を確認しておく必要があります。
自宅周辺の高い障害物の有無もしっかりチェックしておきましょう。

 

方角や障害物などによって発電量がかなり異なるという事実は、施工業者やメーカー、特に営業担当などが明確に説明をおこなわないケースもあります。
そのような場合、設置してしまってから、実際の発電量が事前のシミュレーションとかなり違う!というようなことになりかねません。
それで自分の家の屋根に太陽光パネルをつけた場合の正確なシミュレーション、不安定などについてしっかりと担当者に訪ねるようにしましょう。
もしも担当者の説明があやふやであれば、複数の業者の意見を求めるのも必要かもしれません。

 

取り付ける屋根の形状はどうなっている?

太陽光パネルを取り付ける方角も非常に重要なのですが、
そもそも取り付ける予定の屋根の形状がどのようなものかも大切な要素です。
屋根の形状によっては違う面に分けて太陽光パネルを設置しなければいけない場合もあります。
すべての太陽光パネルが同じ方位に向けて設置されているのと、取り付け位置と方位が別れているのでは発電効率も変わってくるのです。
自分の家に太陽光パネルを取り付けたいと思った場合、自分の家の屋根がどの方向に向いているか、どのような形になっているかをよく確認するようにしましょう。
取り付け施工例を色々見て自分の家の屋根の形状に似ているものがあるか探してみるのも良いかもしれません。

 

取り付け方位の時と同じですが、施工業者、営業の方と一緒に自分の家の屋根と発電効率について色々と話し合うと思いますが、
その過程で慎重に情報を収集することが大切です。
営業の人に正確に情報を教えてもらえないという場合もありますので、なるべくセカンドオピニオンを求めるようにしたいですね。
可能であればメーカーの人に聞いたり、職人さんに意見を求めたりすることも有益です。
取り付けてしまってから実はシミュレーションほど発電しないなんてことにならないように気をつけましょう。
発電効率が悪ければオール電化に抱く期待は泡と消えてしまいますので、取り付け方位と屋根形状の確認はマストです。

 

蓄電池を導入するなら性能を把握して

さて、電気を自分の家で生み出せるとなると次に気になるのが蓄電というものです。
太陽光パネルで発電した電気を貯めておけるならば便利なんじゃないかと思うのは自然なことです。
実はこうした蓄電池はすでに導入されていて、それを勧めてくる業者もあると思います。
しかしこうした蓄電池の登場はまだまだ最近の話しで、それほど性能が高く安心できるとは限らないようです。
どちらかというと試験運用に近いものでもあるらしく、バッテリーの交換が高くついてしまう可能性もあるようです。
さらに蓄電池自体の寿命というのもあり、実際にどのくらいのロングスパンで使えるかはまだ未知数なのです。
それであまり勇んで言われるがままに蓄電池を購入するのは注意したほうが良いかもしれません。
すべてのリスクとメリットをしっかり理解してから決めるようにしましょう。

 

もちろん将来的に蓄電池の導入を考えるのは良いかもしれません。
性能の良い蓄電池を備えることができれば、電気料金をさらに抑えたり、非常に備えて蓄電することもできるはずです。
最近では蓄電池のレンタル導入も流行っているようなので、まずはそうしたレンタルサービスで蓄電池がどのような感じで使えるのか
経験してみるのも一つの良い方法かもしれません。
蓄電池を設置するときは保守サービスや性能保証サービスなどについてもしっかりと説明をしてもらうようにしましょう。

 

オール電化で収益化を考えている方は注意!

新築の場合などしっかりとオール電化にすることを前提に計画を立てていっても、電力買取をしてもらってそれが100パーセント収益となるわけではありません。
太陽光発電による収益を確定申告で報告することになるわけですが、こうした面でルーズになっていると思わぬトラブルを招く可能性があります。
収益をガンガン狙ったオール電化はあまり現実的ではないかもしれません。
むしろ電気代を少しでも節約し、ガス代のコストをカットしようという目的で導入するのがベターでしょう。
また売電価格が一定だと思わないように気をつけましょう。
売電価格は変動するので、結局のところ自分はどれくらいでコストを回収できるのか、どれくらいの収益が出る可能性があるのかを、どんぶり勘定ではなく正確に計算して計画を立てるようにしましょう。

 

またどれくらいの売電が可能になるかというのは、どれほど効率よく太陽光パネルが発電してくれるかにかかっていますので、設置したもののシミュレーションしたはずの発電効率が実現しなかった場合はかかった費用を回収するのもかなり時間がかかってしまうことになります。
こうして考えてみるとやはり見積もりの段階で取り付け方位や屋根形状、近隣の高い建物や電柱、樹木による影の出現など細かな点をチェックして業者さんとしっかり相談することがいかに大切かがわかっていただけると思います。

 

 

オール電化の設計や施工方法は?

オール電化の導入を考えている方はその機器の設計や家そのものの設計、施工方法などを注意して計画を立てなければなりません。
たとえば断熱性が高い住宅のほうがエネルギーが節約されるので光熱費の削減効果は高くなる計算になります。
オール電化はどんな住宅でもいいというものではなく、断熱性や気密性に関しての一定の基準が設けられているので、そうした面でも施工する工務店やメーカーにしっかりと確認する必要があります。
さらに給湯器用のヒートポンプユニットをどこに設置できるかも重要なポイントです。
もしも隣家の寝室の近くに置いてしまうと深夜の稼働中運転音が気になってしまう可能性もあります。

 

オール電化の給湯器はかなり重くて、370Lタイプのものであれば450kgもの重量があります。
屋内やベランダにそれを置くとなると、床を補強してから設置しなければならないかもしれません。
またオール電化ならどれでもいいという感じで選んでしまってはいけません。
どの機器を選ぶかによって、発電効率も違ってきますし、結局はどのくらい費用の節約につながるかが変わってきます。
また機器の種類によっては電気料金が割引になるというものもあるようなので、自分にとってお得になる機器を選ぶ必要があるでしょう。
このようにオール電化にするためには気をつけなければいけない点注意しておかなければいけないポイントが色々とあります。
事前によく調査して導入を検討しましょう。

タウンライフリフォーム





リフォーム成功の秘訣


管理人プロフィールページでも紹介していますが、私はリフォーム営業マンとして20年間の実績があります。


20年間の中で培った知識・経験からリフォームの成功の秘訣をお教えします。



リフォーム成功の秘訣




  • 満足いくリフォームをしたい

  • 適正な価格でリフォームをしたい

  • リフォームの失敗が怖い

  • 余計なお金を払いたくない

  • 安心できる企業にお願いしたい



これらは、リフォームを検討している誰もが感じていることです。
しかし、リフォーム後に「失敗した」「後悔した」という方が、思った以上に多いです。
せっかく、リフォームをして新しい生活をスタートさせるのですから、適正な価格で、満足いくリフォームを実現したいですよね。



「では、なぜ失敗や後悔の声が多いのか?」


失敗や後悔をしている方のほとんどの方に共通して言えることが、
業者選定を間違っているということです。



現在インターネットが普及して、情報が溢れ、業者のカタログやHPを見ても「うちがいい、うちがいい」
と情報発信をしているため、
選ぶ側としては困ってしまいますよね。
カタログやホームページを見ても、リフォームのイメージは湧いても、あなたの希望に合わせたリフォームが実現できるわけではありません



カタログやホームページの情報だけを判断材料に業者選定をしてしまうことが一番危険です。


リフォーム会社選びは「相見積もり」が効果的


業者選びには相見積もりが非常に効果的です。営業マンの中には「当社だけでやらせてほしい」とよく営業マンから懇願されることがあります。しかし私は、かつてのリフォームの営業マン時代でも、このようなことは一度も言ったことはありません。



むしろ「複数の業者に提案させた方が良いですよ」とアドバスしました。


住宅リフォームは、オーダーメイドです。
リフォームの提案やアドバイスは、業者によって異なりますので、複数の業者にプランや見積もりを提案してもらった方が、色々と比較ができて、良いものを選ぶことができます



そして、見積もり書を並べて見比べるだけで、カタログには載っていない、各社の特徴や問題点に気がつきます。
各業者のメリット・デメリットが見えてくる
費用の比較はもちろん、各会社のプリフォームプラン、担当営業との相性等、業者選びの材料が豊富に手に入ります。


業者のメリットだけではなくデメリットも見えてくる点がポイントです。



また、相見積もりは安い会社を見つけるにも有効です。リフォームの場合、全く同じ条件で見積もりをとっても、50~100万円程度の価格差がでることは珍しくありません。



価格重視で業者を探す方にも、相見積もりは非常に有効な方法なのです。


相見積もりを簡単にもらう方法


相見積もりの利点はわかったけど

「面倒くさそう…」「見積りまで時間がかかりそう」「やり方がわからない」

など、不安がある方も多いと思います。


確かに、相見積もりをとるためには、一社一社問合せたり、電話をかけたりしなければいけないので、時間と労力がかかります。



そこで私がおすすめするサービスがタウンライフリフォームというサービスです。




タウンライフリフォームは無料で利用できる一括見積り請求サービスです。



タウンライフリフォームを利用すると、あなたの条件にマッチした優良企業複数社から見積りが届きます。



お忙しいご家庭でも、簡単に相見積もりをとることができるようになります。
しかも、スマートフォン対応なので電車の中でも簡単に見積もり請求が可能です。



タウンライフのメリットはこれだけではありません!!
通常の一括見積りサービスは見積もりが届いて終わりなのですが、タウンライフの場合は…




  • リフォームの見積もり

  • リフォームのアイデア、アドバイス

  • リフォームのプラン



この3つが届きます。費用の話以外にも悩みがある方、初めてのリフォームで心配な方もアイデア、アドバイスがもらえるので安心です。


比較材料も多いので、あなたの条件に合った形で、最適な料金でリフォームしてくれる業者を探すにはぴったりのサービスです。


しかも、オンラインサポートだから手間がかからない!!


タウンライフリフォームは「選べる・伝える・貰える」無料でオンラインサポートが受けられます。
選べる・貰える・伝える


これだけ充実していて、完全無料なのがびっくりです。


簡単にご利用の流れも紹介しておきますね。


タウンライフリフォームはパソコン・スマートフォン対応サイトなので、電車の中でも簡単に利用できます。


流れとしては…


簡単3ステップ




  1. 希望地域希望箇所を選択

  2. 依頼内容依頼希望会社を選択

  3. 依頼完了!!



簡単3ステップなので手間いらずです。


タウンライフは全国300社以上の業者と提携


タウンライフリフォームは全国300社以上の業者と提携しております。



大手リフォーム会社~地域密着型の小さい会社まで幅広く提携してます。↓↓
大手リフォーム会社~地域密着型の小さい会社まで幅広く提携
この300社の業者の中からあなたの条件にマッチした複数の専門家がリフォームを成功に導く、リフォームアドバイスを提案してくれます。



↓ ↓ ↓管理人のおすすめサイトはこちら↓ ↓ ↓



タウンライフは累計112万人が利用しているサービス


タウンライフシリーズの累計利用者は何と112万人です。
これだけの利用者がいながら悪評が立たないのがタウンライフの凄さだと思います。



利用者目線に立ったサイト作りがユーザーに支持される最大の理由なのかもしれませんね。


【限定】成功するリフォーム7つの法則プレゼント中


タウンライフリフォーム利用者限定先着99名で「成功するリフォーム7つの法則」をプレゼント中です。
無料で使えるサービスなのにプレゼントまで貰えるなんてお得ですね!もらえるものはもらっておきましょう!

↓ ↓ ↓管理人のおすすめサイトはこちら↓ ↓ ↓





↓管理人おすすめサイト↓


すべての人がよいリフォームを望み、
すべてのリフォーム会社がよいリフォームを謳っているにも関わらず、
リフォームで失敗する人が後を絶えないのはなぜでしょうか?

-オール電化, リフォーム1

Copyright© リフォームの見積りや費用 , 2020 All Rights Reserved.