その他 リフォーム1

中古の住宅をリフォームして利用する場合の注意点を押さえよう

投稿日:

中古住宅のリフォームで余計にお金がかかることがある

中古住宅をリフォームすることで費用を節約することができると考えている方は多いです。
実際に成功した例はたくさん存在しているのですが、だからといって絶対にどのような条件でもお得になるとは限りません。
場合によっては中古住宅のリフォームによって余計に費用がかかってしまうケースもあるため注意しましょう。

 

たとえば木造一戸建ての中古住宅をしてそれのリフォームをするとします。
この時に住宅内のいろいろなところが腐食していたり、シロアリの被害にあっていたりするようなケースがあります。
古い住宅ほどこのようなリスクは存在しています。
一見すると見た目はキレイなのですが、実際には住宅の構造部分がかなり腐食していたというケースは珍しいことではないのです。
この場合は構造部分の補修をしてからさらにリフォームをすることになるため、結果的にかなりの費用がかかってしまいます。

 

中古住宅を購入して単にキッチンやリビングなどのリフォームをすれば良いと考えている方が多いですが、場合によっては構造部分の補修をしたり、屋根や外壁などの補修をしたりしなければいけないケースもあります。
そうなるとかなりの費用がかかってしまうことになり、結果的に新築の住宅を買うのと同じぐらいの費用がかかってしまう可能性があるでしょう。
このようなケースがあることに注意してください。
また、余分な費用を使わないためにも見積りを比較することが必要になります。

 

表面的なキレイさだけに惑わされない

リフォームを前提とした中古住宅を買う際に表面的なキレイさだけを重視する人がいるかもしれません。
確かに見た目がキレイならば、きっとその家は大切に扱われてきており、これからも長持ちする家のように思われるかもしれません。
家の内部も良い状態が保たれており、ちょっとしたリフォームをするだけですぐに新築同然の暮らしやすい家になるかもしれないと考える方がいるでしょう。
しかし、表面的なキレイさに騙されてしまって失敗する人というのは多いのです。

 

たとえ屋根や壁紙がキレイだったとしても、これらの目に見える部分については簡単な工事ですぐにキレイにすることができるのです。
そのため見た目のキレイさというのは、けっしてその家の状態が良いことを示しているわけではありません。
きちんとメンテナンスをしていない家の場合、いろいろなところに不具合が生じていることがあります。

 

水回りがおかしくなっていたり、シロアリの被害にあっているようなケースもあります。
家の内部が腐っている場合には、その部分をきちんと補修しないとどんどん駄目になってしまうでしょう。
これによってかなりの費用がかかってしまったというケースが存在するのです。

 

これから中古住宅を選ぼうとしている方は、きちんと家の内部についての調査をしてもらうなど、詳しい情報を集めるようにしてください。
特に築15年を過ぎているような住宅には注意しましょう。

 

プランや構造上の問題でリフォームできないケースも

どのような住宅であっても絶対に希望通りのリフォームができるとは限りません。
家の工法にはいろいろなものが存在しています。
工法によっては家のリフォームに制限がかかることがあります。
たとえば壁を撤去することができなかったり、移動させることが不可能だったりすることがあります。
窓を大きくすることができないケースもあるでしょう。
これらによって希望通りの間取りに変更することができないのです。
これからリフォーム目当てで中古住宅を買おうと思っている方はきちんと家の構造を確認しておくべきでしょう。

 

もし構造部分を含めて大掛かりなリフォームをする場合でも、基本的にその家の工法と同じ工法によってリフォームをしなければいけません。
別々の工法を組み合わせることも可能なのですが、その場合には難しい作業が必要となりきちんと計算をしなければいけなくなります。
それによって余計に費用がかかってしまっては意味がないでしょう。

 

まったく異なる間取りに変更しようとする場合は構造上の問題が浮上する可能性が大きいです。
必要な補強をして工事を進めるということもできるのですが、それだと結果的に費用が加算されることになるでしょう。
中古住宅のリフォームというのは費用がかからないからこそメリットがあるのです。
そのようなメリットがなくなってしまっては意味がありませんよね。
構造についてちゃんと確認しておくようにしましょう。

 

 

法令によってリフォームが制限されないか?

中古住宅のリフォームに関しては法令をきちんと調べておきましょう。
地域ごとに特別な法令が定められていてそれにしたがわないといけないケースがあるからです。
住宅というのは自由に建てられるものではなく、その構造や間取りなどについても法令によって規制を受けてしまうものなのです。

 

そのためこれから中古住宅を買おうと思っている方は、それぞれの土地の条件をしっかり確認しておいてください。
もちろん、すでに建てられている中古住宅については法令をきちんと守ってつくられたものです。
しかし、それをリフォームしたり、増築することによって住宅の状況は大きく変化します。
それによって法令を違反してしまう可能性もあるのです。

 

たとえば、玄関を二箇所作れないような地域も存在しています。
リフォームによって二世帯住宅を作ろうとしている場合には注意してください。
増築については建ぺい率や建築面積についての規制を確認しておかなければなりません。

 

法律によって住宅はさまざまな形で規制を受けるものであることを理解しておくことが大切です。
自治体に問い合わせることによって、詳しいことを教えてもらうことができます。
法令を違反する事のないように気をつけてください。
せっかくリフォームをしようと思っていたのに、希望通りのリフォームができないということになれば意味がありません。

 

中古住宅のリフォームをローンを組んで行う

中古住宅を購入するためにローンを組むことは可能です。
中古住宅をさらにリフォームしたいという場合にはそちらにも費用がかかってしまうことになります。
その費用についても住宅ローンを利用することが可能なケースもあるためチェックしておきましょう。
リフォームのために数百万円という費用がかかってしまうことは珍しくありません。

 

特に中古住宅の場合は直さなければいけない部分がたくさんあり、さらに自分の希望通りの間取りにしようと思うならばかなりの大掛かりなリフォームをすることになるでしょう。
そのためにかなりの費用がかかることがあります。

 

中古住宅を購入する際に利用した金融機関に対してリフォームについての費用のためのローンについても相談しておくと良いでしょう。
いろいろなケースがあり、複雑な手続きが必要となることもあるのです。
そのため絶対にリフォームの費用についても住宅ローンで借りられるとは限りません。
自分で勝手に決めつけてしまうのではなくて、本当にお金を借りることができるのかを確認しておくべきでしょう。

 

いずれにしてもリフォームの費用についても含めて資金計画を立てておくことは大切なことです。
実際に費用を用意することができなければリフォームを実行することは不可能だからです。
総合的に考えて中古住宅のリフォームについての費用も計画しておきましょう。

タウンライフリフォーム





リフォーム成功の秘訣


管理人プロフィールページでも紹介していますが、私はリフォーム営業マンとして20年間の実績があります。


20年間の中で培った知識・経験からリフォームの成功の秘訣をお教えします。



リフォーム成功の秘訣




  • 満足いくリフォームをしたい

  • 適正な価格でリフォームをしたい

  • リフォームの失敗が怖い

  • 余計なお金を払いたくない

  • 安心できる企業にお願いしたい



これらは、リフォームを検討している誰もが感じていることです。
しかし、リフォーム後に「失敗した」「後悔した」という方が、思った以上に多いです。
せっかく、リフォームをして新しい生活をスタートさせるのですから、適正な価格で、満足いくリフォームを実現したいですよね。



「では、なぜ失敗や後悔の声が多いのか?」


失敗や後悔をしている方のほとんどの方に共通して言えることが、
業者選定を間違っているということです。



現在インターネットが普及して、情報が溢れ、業者のカタログやHPを見ても「うちがいい、うちがいい」
と情報発信をしているため、
選ぶ側としては困ってしまいますよね。
カタログやホームページを見ても、リフォームのイメージは湧いても、あなたの希望に合わせたリフォームが実現できるわけではありません



カタログやホームページの情報だけを判断材料に業者選定をしてしまうことが一番危険です。


リフォーム会社選びは「相見積もり」が効果的


業者選びには相見積もりが非常に効果的です。営業マンの中には「当社だけでやらせてほしい」とよく営業マンから懇願されることがあります。しかし私は、かつてのリフォームの営業マン時代でも、このようなことは一度も言ったことはありません。



むしろ「複数の業者に提案させた方が良いですよ」とアドバスしました。


住宅リフォームは、オーダーメイドです。
リフォームの提案やアドバイスは、業者によって異なりますので、複数の業者にプランや見積もりを提案してもらった方が、色々と比較ができて、良いものを選ぶことができます



そして、見積もり書を並べて見比べるだけで、カタログには載っていない、各社の特徴や問題点に気がつきます。
各業者のメリット・デメリットが見えてくる
費用の比較はもちろん、各会社のプリフォームプラン、担当営業との相性等、業者選びの材料が豊富に手に入ります。


業者のメリットだけではなくデメリットも見えてくる点がポイントです。



また、相見積もりは安い会社を見つけるにも有効です。リフォームの場合、全く同じ条件で見積もりをとっても、50~100万円程度の価格差がでることは珍しくありません。



価格重視で業者を探す方にも、相見積もりは非常に有効な方法なのです。


相見積もりを簡単にもらう方法


相見積もりの利点はわかったけど

「面倒くさそう…」「見積りまで時間がかかりそう」「やり方がわからない」

など、不安がある方も多いと思います。


確かに、相見積もりをとるためには、一社一社問合せたり、電話をかけたりしなければいけないので、時間と労力がかかります。



そこで私がおすすめするサービスがタウンライフリフォームというサービスです。




タウンライフリフォームは無料で利用できる一括見積り請求サービスです。



タウンライフリフォームを利用すると、あなたの条件にマッチした優良企業複数社から見積りが届きます。



お忙しいご家庭でも、簡単に相見積もりをとることができるようになります。
しかも、スマートフォン対応なので電車の中でも簡単に見積もり請求が可能です。



タウンライフのメリットはこれだけではありません!!
通常の一括見積りサービスは見積もりが届いて終わりなのですが、タウンライフの場合は…




  • リフォームの見積もり

  • リフォームのアイデア、アドバイス

  • リフォームのプラン



この3つが届きます。費用の話以外にも悩みがある方、初めてのリフォームで心配な方もアイデア、アドバイスがもらえるので安心です。


比較材料も多いので、あなたの条件に合った形で、最適な料金でリフォームしてくれる業者を探すにはぴったりのサービスです。


しかも、オンラインサポートだから手間がかからない!!


タウンライフリフォームは「選べる・伝える・貰える」無料でオンラインサポートが受けられます。
選べる・貰える・伝える


これだけ充実していて、完全無料なのがびっくりです。


簡単にご利用の流れも紹介しておきますね。


タウンライフリフォームはパソコン・スマートフォン対応サイトなので、電車の中でも簡単に利用できます。


流れとしては…


簡単3ステップ




  1. 希望地域希望箇所を選択

  2. 依頼内容依頼希望会社を選択

  3. 依頼完了!!



簡単3ステップなので手間いらずです。


タウンライフは全国300社以上の業者と提携


タウンライフリフォームは全国300社以上の業者と提携しております。



大手リフォーム会社~地域密着型の小さい会社まで幅広く提携してます。↓↓
大手リフォーム会社~地域密着型の小さい会社まで幅広く提携
この300社の業者の中からあなたの条件にマッチした複数の専門家がリフォームを成功に導く、リフォームアドバイスを提案してくれます。



↓ ↓ ↓管理人のおすすめサイトはこちら↓ ↓ ↓



タウンライフは累計112万人が利用しているサービス


タウンライフシリーズの累計利用者は何と112万人です。
これだけの利用者がいながら悪評が立たないのがタウンライフの凄さだと思います。



利用者目線に立ったサイト作りがユーザーに支持される最大の理由なのかもしれませんね。


【限定】成功するリフォーム7つの法則プレゼント中


タウンライフリフォーム利用者限定先着99名で「成功するリフォーム7つの法則」をプレゼント中です。
無料で使えるサービスなのにプレゼントまで貰えるなんてお得ですね!もらえるものはもらっておきましょう!

↓ ↓ ↓管理人のおすすめサイトはこちら↓ ↓ ↓





↓管理人おすすめサイト↓


すべての人がよいリフォームを望み、
すべてのリフォーム会社がよいリフォームを謳っているにも関わらず、
リフォームで失敗する人が後を絶えないのはなぜでしょうか?

-その他, リフォーム1

Copyright© リフォームの見積りや費用 , 2020 All Rights Reserved.