リフォーム1 増改築

失敗したくない増改築。チェックしておきたいポイントとは?

投稿日:

増築・改築リフォームの注意点

相談することが鍵

銀行の借り入れを伴う大きなリフォームにおいては建築基準法に基づく注意が必要です。一定面積以上の増築、過半の改築には確認申請が必要です。以前はそういったことに関して業界はアバルトで、申請なしに施工しているケースが多く見受けられましたが、耐震偽装事件以降、業界はコンプライアンスに努めるようになり、行政も厳しくそれを求めるように成りました。また金融機関も検査済証の提出などでそれを確認するようになり、正規の申請にのっとったプラン、施工が行われていない案件には融資を行わない風潮にあります。自己資金ではまかないきれず、ローンなどを組む場合は自分の希望が法的に実現可能なものかどうかをよく吟味する必要があります。自分の思い描く増築・改築リフォームについて工務店だけではなく、建築基準法に精通した設計事務所、設計士に相談することは、非常に大切です。

 

設計士との打ち合わせがポイント

また、増築で気をつけなくてはならないのは、既存部分まで現行法の適用を受ける部分があることです。構造基準、シックハウス対策などで、手を加えるつもりでなかった既存部分にまで工事の必要が出てくる場合も考えられます。資金計画を大きく狂わせることになりかねませんので、その点も設計士と十分打ち合わせされることが大切です。また、改装、リフォームにともなって耐震診断をしておくことをおすすめします。現行の建築基準法では構造の基準が非常に厳しくなりました。これは、阪神淡路大震災、東日本大震災を受けての改正であり。将来における災害にも耐えうる資産を維持しようとするならば、ぜひとも手を加えておきたいところです。築後何十年も経過した物件ならなおさらです。耐震診断をした上、問題点があるようであれば、外観よりも、迷わず耐震補強に費用をかけるべきです。耐震診断、耐震補強のプランニングも設計士なら的確なアドバイスを貰えます。資金の範囲で、バランスのとれた増築、改築、リフォームをご検討下さい。

 

増築とリフォームについて

建設業者選びでチェックしておきたいこと

ほとんどの建設業者が新築建築と平行してリフォーム工事を請け負っているのが現状であると言われています。その背景には日本経済の長年の不況による新築住宅の買い控えなども原因のひとつとされており、この要素が尾を引いていることが要因で未だにリフォーム特需とも呼べる現象を引き起こしています。今まで新築住宅の建設や販売をメインに事業を展開していた各種大手の建設業者も、昨今の増築及び改築特需に注目し始めており、次々とリフォーム業界へ参入を始めています。このような改築及び増築ブームの中で、優良な建設業者を探すことは容易ではなく、すでに住宅を所持しこれから改築や増築を考えている施主にとっては、信頼のできる優秀な建設業者を探すことが円滑に工事を行なうために重要なポイントであると言えます。建築に関わる業者を選ぶ基準としては、新築建築のスキルやノウハウをリフォーム作業に応用できるかが重要な選定基準となります。

 

 

建築に関わる職人とって、技術や知識の応用力はその職人の力量を計るうえでも重要な要素でもあり、改築作業において重要となるポイントもまた建設職人の応用力や柔軟さであり、そのような応用力や柔軟さを併せ持つ職人を確保している建設業者は、信頼に値する優良な企業であると言えます。このような既存の住宅に手を加え加工する作業工事を行なう場合には、対象となる部屋や構造物を丸ごと解体した後に改築工事に取り掛かる場合がほとんどなのですが、腕の良い優秀な建設職人は最小限の解体工事を行い、利用できる部分はなるべく手を加えずに再利用することによって、作業にかかる時間や労働コストなどを低く抑えることができるため、結果的に短期間で納期を厳守して予定内の費用でコストを納めることが可能です。建設業者との付き合いと言うものは、一度信頼関係を構築すれば長期間の長い付き合いとなるので、最初の建設業者選びがとても重要なポイントとなります。

 

 

増築と改築にかかる期間

最近では、中古のマンションを購入してしまい、その中古マンションをリフォームして暮らすことがはやっています。リフォームと言っても壁紙を張り替えるだけの簡単なものから、部屋を増築したり改築してしまうような大がかりなことまで種類はさまざまにあります。部屋を増築したり改築するリフォームを中古マンションに施して暮らすことの最大のメリットは、自分たちが望んでいる生活スタイルを実現させることができることです。ですが、マンションを増改築するのには少し時間がかかります。水回りだけの部分的なものから、増築や改築をする全面的なものまで、内容によりかかる期間は変わってきますが、中規模程度なもので、業者に依頼をし、プランが決まるまでに1カ月、工事の申請に1カ月、そして工事の期間として1カ月からと、完成までに最低でも3ヶ月はかかりますので、中古マンションの購入が決まると早めに依頼するのが最適です。

 

増築と改築で気をつけなければならないこと

また、気をつけなければならないことがいくつかあります。まず、リフォームができない箇所があるということです。基本的にマンションには専有部分と共用部分があるのですが、この共用部分においては契約としてできません。専有部分における間取りの変更や水廻りに関してはだいたい大丈夫なのですが、特例があるので注意が必要です。例えば、床のクロスを替えたいと思っても、防音性が低くなる床の仕上げ材への変更が禁止されているという場合がよくあります。何がよくて何かいけないのかはマンションを契約した際の管理規約で事前に照らし合わせておくことが大切です。また、特に水回りに関しては注意が必要で、一般的にマンションでは各部屋を上下に給排水管が繋がれています。この給排水管は共用ですのでこのようなマンションの場合は、水回りの移動が一部制限されます。給排水管の繋ぎ方によっては移動が可能な場合もありますので、マンションリフォームに手慣れた業者に依頼することがおすすめです。

 

増築と改築のポイント

増築とは、建物の床面積を増やす工事のことを言い、改築とは建物の構造体に手を掛ける大規模な工事のことを言います。工事内容としては、両方を同時にリフォームと合わせて行う場合もあれば、それぞれ個別に行う場合もありますが、床面積を増やす場合には構造体の改修工事も必要となることが一般的です。また、どちらの場合にも法律との関係が強く、地域によっては経済的な負担も多くなりますので、事前に確認をしておく必要があります。

 

大規模な改築リフォームの場合では建築確認申請が必要となりますので、防火地域や準防火地域の場合では基準に合わせるための防火構造を採用する必要があります。ですから防火規定の無い地域よりも工事費用が割高となる場合があります。また建築確認申請には費用が別途掛かりますので、資金計画は入念に行う必要があります。

 

床面積を増やすリフォームの場合では、10平米以下の面積であれば建築確認申請は不要ですが、防火地域の場合には面積の大小に関係なく必要となってきます。増築のリフォームの場合には、建築確認申請よりも建築基準法に関する規定のほうが重要となってきますので、業者に依頼する前にある程度内容を把握しておくべきだと言えます。床面積を増やす場合には、建ぺい率や容積率が最も重要な法律だと言えます。

 

建ぺい率とは、敷地面積に対する建築面積の割合を言い、容積率とは敷地面積に対する延べ床面積の割合を言います。分かりやすく言えば、建ぺい率では1階床面積の上限が、容積率は延べ床面積の上限が定められていると言えます。床面積を増やそうと思っても、この規定によって上限が設定されているためできない場合もあるのです。さらに、既存不適格建築物の場合には、増築も改築もできない場合がありますので、この場合には建て替えを選択するのが無難だと言えます。増築や改築を伴う場合でも、素人からすればリフォーム工事と思われがちですが、法律との関係をよく理解する必要があるのです。

タウンライフリフォーム





リフォーム成功の秘訣


管理人プロフィールページでも紹介していますが、私はリフォーム営業マンとして20年間の実績があります。


20年間の中で培った知識・経験からリフォームの成功の秘訣をお教えします。



リフォーム成功の秘訣




  • 満足いくリフォームをしたい

  • 適正な価格でリフォームをしたい

  • リフォームの失敗が怖い

  • 余計なお金を払いたくない

  • 安心できる企業にお願いしたい



これらは、リフォームを検討している誰もが感じていることです。
しかし、リフォーム後に「失敗した」「後悔した」という方が、思った以上に多いです。
せっかく、リフォームをして新しい生活をスタートさせるのですから、適正な価格で、満足いくリフォームを実現したいですよね。



「では、なぜ失敗や後悔の声が多いのか?」


失敗や後悔をしている方のほとんどの方に共通して言えることが、
業者選定を間違っているということです。



現在インターネットが普及して、情報が溢れ、業者のカタログやHPを見ても「うちがいい、うちがいい」
と情報発信をしているため、
選ぶ側としては困ってしまいますよね。
カタログやホームページを見ても、リフォームのイメージは湧いても、あなたの希望に合わせたリフォームが実現できるわけではありません



カタログやホームページの情報だけを判断材料に業者選定をしてしまうことが一番危険です。


リフォーム会社選びは「相見積もり」が効果的


業者選びには相見積もりが非常に効果的です。営業マンの中には「当社だけでやらせてほしい」とよく営業マンから懇願されることがあります。しかし私は、かつてのリフォームの営業マン時代でも、このようなことは一度も言ったことはありません。



むしろ「複数の業者に提案させた方が良いですよ」とアドバスしました。


住宅リフォームは、オーダーメイドです。
リフォームの提案やアドバイスは、業者によって異なりますので、複数の業者にプランや見積もりを提案してもらった方が、色々と比較ができて、良いものを選ぶことができます



そして、見積もり書を並べて見比べるだけで、カタログには載っていない、各社の特徴や問題点に気がつきます。
各業者のメリット・デメリットが見えてくる
費用の比較はもちろん、各会社のプリフォームプラン、担当営業との相性等、業者選びの材料が豊富に手に入ります。


業者のメリットだけではなくデメリットも見えてくる点がポイントです。



また、相見積もりは安い会社を見つけるにも有効です。リフォームの場合、全く同じ条件で見積もりをとっても、50~100万円程度の価格差がでることは珍しくありません。



価格重視で業者を探す方にも、相見積もりは非常に有効な方法なのです。


相見積もりを簡単にもらう方法


相見積もりの利点はわかったけど

「面倒くさそう…」「見積りまで時間がかかりそう」「やり方がわからない」

など、不安がある方も多いと思います。


確かに、相見積もりをとるためには、一社一社問合せたり、電話をかけたりしなければいけないので、時間と労力がかかります。



そこで私がおすすめするサービスがタウンライフリフォームというサービスです。




タウンライフリフォームは無料で利用できる一括見積り請求サービスです。



タウンライフリフォームを利用すると、あなたの条件にマッチした優良企業複数社から見積りが届きます。



お忙しいご家庭でも、簡単に相見積もりをとることができるようになります。
しかも、スマートフォン対応なので電車の中でも簡単に見積もり請求が可能です。



タウンライフのメリットはこれだけではありません!!
通常の一括見積りサービスは見積もりが届いて終わりなのですが、タウンライフの場合は…




  • リフォームの見積もり

  • リフォームのアイデア、アドバイス

  • リフォームのプラン



この3つが届きます。費用の話以外にも悩みがある方、初めてのリフォームで心配な方もアイデア、アドバイスがもらえるので安心です。


比較材料も多いので、あなたの条件に合った形で、最適な料金でリフォームしてくれる業者を探すにはぴったりのサービスです。


しかも、オンラインサポートだから手間がかからない!!


タウンライフリフォームは「選べる・伝える・貰える」無料でオンラインサポートが受けられます。
選べる・貰える・伝える


これだけ充実していて、完全無料なのがびっくりです。


簡単にご利用の流れも紹介しておきますね。


タウンライフリフォームはパソコン・スマートフォン対応サイトなので、電車の中でも簡単に利用できます。


流れとしては…


簡単3ステップ




  1. 希望地域希望箇所を選択

  2. 依頼内容依頼希望会社を選択

  3. 依頼完了!!



簡単3ステップなので手間いらずです。


タウンライフは全国300社以上の業者と提携


タウンライフリフォームは全国300社以上の業者と提携しております。



大手リフォーム会社~地域密着型の小さい会社まで幅広く提携してます。↓↓
大手リフォーム会社~地域密着型の小さい会社まで幅広く提携
この300社の業者の中からあなたの条件にマッチした複数の専門家がリフォームを成功に導く、リフォームアドバイスを提案してくれます。



↓ ↓ ↓管理人のおすすめサイトはこちら↓ ↓ ↓



タウンライフは累計112万人が利用しているサービス


タウンライフシリーズの累計利用者は何と112万人です。
これだけの利用者がいながら悪評が立たないのがタウンライフの凄さだと思います。



利用者目線に立ったサイト作りがユーザーに支持される最大の理由なのかもしれませんね。


【限定】成功するリフォーム7つの法則プレゼント中


タウンライフリフォーム利用者限定先着99名で「成功するリフォーム7つの法則」をプレゼント中です。
無料で使えるサービスなのにプレゼントまで貰えるなんてお得ですね!もらえるものはもらっておきましょう!

↓ ↓ ↓管理人のおすすめサイトはこちら↓ ↓ ↓





↓管理人おすすめサイト↓


すべての人がよいリフォームを望み、
すべてのリフォーム会社がよいリフォームを謳っているにも関わらず、
リフォームで失敗する人が後を絶えないのはなぜでしょうか?

-リフォーム1, 増改築

Copyright© リフォームの見積りや費用 , 2020 All Rights Reserved.