リフォームのアイデア

リフォームで収納を増やすアイデアその1

投稿日:

リフォーム、収納、増やしたい

 

「部屋は十分な広さなのに狭く感じる」

「収納スペースが足りなくて困っている」

など、部屋の広さや収納スペースについて、不満を感じている人は少なくありません。

実際、増築・リフォームする理由として

「部屋が狭くいため広くしたい」

「収納スペースが足りないため増やしたい」

は、非常に多いものとなっています。

しかし、増築・リフォームが、必ずしも部屋の狭さや収納スペースに関する不満を解消するとは限りません

なぜなら、部屋の狭さや収納スペース不足の原因は収納の仕方や収納力にあることが多いからです。

そこで今回は、収納を増やすアイデアや方法、考え方について紹介しています。

この記事をご覧いただくことで、収納スペースを最大限活用できるようになりますので、参考にご覧ください。

 

1.収納の仕方を見直せば収納スペースは足りる

 

「物が溢れているため収納スペースを増やしたい」

「元々、収納スペースが少ないのでリフォームで拡充したい」

「家族が増えたため収納スペースを増やしておきたい」

など、さまざまな理由で、収納スペースを増やすためにリフォームを希望する家庭は多くあります。

たしかに、収納スペースが少なければ、部屋が狭く感じてしまうため問題です。

しかし、押入れやクローゼットの中をよく見てみると、買い置き品や不要な物などがたくさん出てくることがあります。

また、押入れやクローゼットの中が煩雑な置き方になっていて、収納スペースをうまく活用できていないケースもあるものです。

収納スペースを増やすリフォームを検討する前に、

「使える物が収納されていないか」

「不要な物で場所をとっていないか」

「収納スペースはきちんと活用されているか」

を必ずチェックするようにしましょう。

普段見慣れている押入れやクローゼットでも、あらためて点検してみると意外にうまく使えてないことに気づけます。

「収納が得意」と考えている人でも、収納スペースの中に未使用品や不要な物があったりしますので、収納に自信のない方は、なおさら丁寧にチェックをしてください。

「収納スペースが少なくて部屋が狭い」

と感じていたのは、本当に収納スペースが少ないのではなく、収納スペースの使い方が悪かっただけの可能性もあります。

実際、同じ広さ、同じ間取り、同じ収納スペースでも、住む人によって部屋の収納力は変わります。

しっかりと収納スペースを使いこなせているうえで、物が溢れる場合はリフォームなど対策が必要ですが、そうでない場合は、収納の仕方から見つめ直さなければなりません。

リフォームをする必要がないかもしれないため、家族で事前に確認をしましょう。

 

 

2.収納で大事なのは「出す」こと

 

リフォーム、収納、出す

 

収納スペースを有効活用するために1番大事なことは、物をしまうことではなく、出すことです。

とにかく物をしまうことばかり考えていると、すぐに買い置き品や不要な物で収納スペース内が溢れてしまいます

常に、収納スペース内の物を、出すことを考えていれば、買い置き品や不要な物が溜まることもなく、最大限収納スペースを活用できるようになります。

同じ広さ・間取りの家でも、「しまう」と「出す」どちらを意識しているかで、すっきりと片付いている家か、ごちゃごちゃと物が溢れている家か違ってきます。

「収納スペースが足りないから」とすぐにリフォームを考えるのではなく、まずは収納上手になることが大事です。

そのためにも、常に「出す」ことを意識して収納管理するようにしてください。

 

2-1押入れを有効な収納スペースにする

リビングにあるスマートスピーカーやオーディオ機器、ゲーム機、子供のおもちゃ、お雛さま、正月料理用の重箱、使わなくなった子供用の椅子、衣類や食器など、日常で使っているものは、それぞれの用途や使用頻度によって分けられます。

これらを同じ用途、使用頻度として分けることは、当然できません。

ほとんど使うことがない、お雛さまや正月料理用の重箱、使わなくなった子供用の椅子などは、押入れの奥にしまっても問題ありませんが、よく使用するスマートスピーカーやオーディオ機器などを押入れにしまう人はいないでしょう。

押入れ等にしまうものについては、いつでも必要な時に出せるように、物が見えるようにしたり、ダンボール箱に名前を書いたり、内容物をメモした札を付けるなどしておくと便利です。

このように、収納する際はわかりやすく整理することで、取り出しやすくなりますし、収納力も増します。

 

2-2.工夫や仕掛けで収納力アップ

元々、押入れは、上段にふとん、下段に座布団などを収納するためのスペースです。

しかし、ベッドの普及により、ふとんを入れる必要がなくなったことで、非常に使いづらい収納スペースとなっています。

たしかに、奥行きが深くスペースも広いため、いろいろな物を収納していくのに便利ですが、小分けしづらく物で溢れやすいため、買い置き品や不要な物がすぐに溜まってしまうのが問題です。

押入れを有効な収納スペースとして使うには、収納の仕方だけでなく、押入れ自体に工夫や仕掛けが必要となってきます。

たとえば、押入れの真ん中の段を取り除けば、さまざまな活用が可能です。

上部にレールを取り付ければクローゼットのように、洋服をハンガー掛けできます。押入れの奥行きは深いため、レールの奥に棚を設け、小物の収納も可能です。

これにより、押入れの中がクローゼットと同じように使用でき、洋服やバッグ、帽子などが収納できます。

また、キャリーケースなど大きな物も収納でき、非常に高い収納力を発揮します。

押入れをクローゼット化させるのは、それほど大掛かりなリフォームではないため、予算も抑えることが可能です。

 

 

3.家具の配置で広さは変わる

 

「リビングは家族がゆったりと過ごせるように広くしたのに、物が溢れていて狭く感じてしまう」

「十分な広さを確保しているにもかかわらず、狭苦しさを感じる」

など、狭さを感じた場合、大抵、スペースの問題ではありません。

狭さを感じる原因は、先に述べたように収納力の問題がほとんどです。また、家庭によっては家具が多すぎることで狭さを感じるケースもあります。

収納棚や椅子、テーブル、テレビ台、ソファ、オーディオ機器など、たくさんの物が表に出ていると、どうしても狭さは感じてしまうものです。

家族がゆったりと過ごせるように広く設計したリビングも、家具が多く出ていると圧迫感があり、広さを感じられません。

 

3-1.リフォームをする前に家具を壁際に揃えてみる

海外のリビングでは、ソファなどを置かず非常にシンプルな設計にしている場合があります。

余計な家具が一切置かれていないため、すっきり広々としており、とても開放感があります。

「ソファがあるとゆっくりとくつろげる」

「ダイニングテーブルとは別に、小さいテーブルがあると便利」

「1人掛け用の椅子やデスクがリビングに欲しい」

など、ついつい物を増やしてしまう傾向にある人は、どれだけ広いリビングスペースをつくっても、家具や物でスペースが圧迫されて狭さを感じてしまうことでしょう。

できるだけ広さを感じるためにも、家具や物とは決別する必要がありそうです。

家具は設置の仕方が違うだけで、部屋の広さの感じ方が変わってきます

同じ広さ・間取りの部屋があったとして、一方の部屋ではテレビやソファ、オーディオ機器などの家具がすべて壁にまとめて設置してあったとします。

そして、もう一方の部屋では、これらの家具が適当に置かれていたとします。

この場合は、家具を壁際に設置している部屋はすっきりとした印象を受け、特別「狭さ」も感じませんが、適当に設置した部屋はごちゃごちゃした印象があり、リビングが狭く感じてしまいます。

このように、同じ広さ・間取りの部屋でも家具を壁際に設置しているかどうかで、部屋の広さの感じ方が違います。

「家具がたくさんあってリビングが狭いため増築しよう」

「もっと広く設計しておけばよかった」

と、すぐにリビングの広さを後悔したり、増築・リフォームを検討するのではなく、

「既存のスペースをどう有効活用できるか」

をまず最初に考えるようにしましょう。

 

3-2.倒壊防止など安全対策を徹底する

家具を壁際に揃えることで、部屋がすっきりとして広々と使えるようになりますが、注意点もあります。

まず、家具を壁際に揃えようと思うと、いくつか家具を積み上げる必要がでてきます。その際、必ず倒壊防止の安全対策をおこなうようにしましょう。

タンスや収納棚など重くて大きいものを積み上げておくと、地震が起きた場合に大変です。

積み上げたタンスや収納棚が倒れて中の荷物が散らかるだけでなく、家族が怪我をする心配があります。

釘やネジだけでは、倒壊防止として効果が弱い可能性がありますので、業者に依頼するなどして、すき間がないようにきっちりとはめ込み倒れないようにしましょう。

また、棚の上にはガラス類など割れ物は極力置かないようにしましょう。

家具が倒れなくても、ガラス類が落ちて割れると大惨事になる可能性もあります。インテリアとして飾りたい物もあると思いますが、なるべく数は絞るようにしましょう。

タンスや収納棚など、家具を壁際に積み上げて揃える場合は、倒壊防止の徹底した安全対策とセットで考えてください。

 

 

4.オリジナルで壁収納棚を利用する方法もある

 

リフォーム、収納、壁、特注棚

 

「部屋が狭い」と感じてリビングの増築を考えるくらい予算がある場合は、増築するのではなく、特注で収納棚をつくるのも1つの方法です。

それまで使っていた収納棚や家具を処分して、天井までの高さがある壁収納棚をオリジナルでつくってもらいます。

業者に依頼をして、オーディオ機器やテレビ、本や小物など、自宅で使用している家具や家電製品がきれいに収まる収納棚をつくってもらえば、すっきりと効率よく収納スペースが使えるようになります。

壁に備え付けた収納棚であれば、別の収納棚・家具を積み上げる必要もありませんし、倒壊する可能性が低く万が一の際も安心です。

仮に、オリジナルでつくった収納棚が、それまで使っていた収納棚より小さめのサイズだったとしても、最適な収納ができるため収納力アップが可能です。

リビングを増築しなくても、収納棚をつくるだけで以前のリビングよりも広く使えることは間違いありません。

部屋の広さはそのままで、収納棚スペースは小さくなり、表に出ている家電等をきれいに収納できるため、掃除もラクになります。

掃除する時間も短縮でき、その分、別のことに時間を使うことが可能です。

リビング増築の予算よりも安く抑えられて時間も有効活用できるようになるため、すぐに増築を考えるのではなく、オリジナルの壁収納棚をつくることも検討してみましょう。

あらためて、この記事で紹介した大事な点をおさらいすると、次の5点が挙げられます。

  • 部屋の狭さや収納スペース不足と感じる場合は、収納スペースを活用できていないことが原因
  • 何でもしまうのではなく、買い置き品や不要な物が溜まらないように「出す」ことが大事
  • 使い勝手が悪く感じる押入れは、クローゼット化すれば大容量収納できる
  • 家具の配置が悪いと狭く感じる。壁際に揃えることで広さを感じる
  • 増築・リフォームを考える前に収納の仕方を見直すことが大事

 

「部屋が狭い」

「収納スペースが足りない」

と感じている方は、ぜひこの記事を参考にして収納力を高めてください。

 

 

私の体験談

 

収納スペースがもっと欲しいと言われる方のご自宅に、リフォームの営業でお伺いしたことがあります。

確かに家の中を見渡すと非常に物が散乱しており。収納スペースがなければ日常生活にも支障をきたすような状態でした。

ただし結局この方の場合は。物が多すぎるということが根本的な家に対する不満につながっていました。

私の方としても

「まずは物を減らさないと、工事をするスペースも捻出できません」

というお話をお伝えしました。

施主様はあれも重要だしこれも捨てられないとおっしゃっていましたが、本当に必要なものを判断した上で取捨選択をしていただいたところ、まず部屋の中に散乱していたものの半分以上を処分することに成功しました。

そして我々の会社では押入れをクローゼットにリフォームしたり、階段下収納スペースを設けることで、不用品を部屋の中に出さずに、うまく仕舞えるようにしたのです。

このリフォームは施主様からも大変好評いただき、まず捨てるという考えがなかったというお話をしていただきました。

家の中をスッキリさせるためには収納を多く作ることが重要なのですが、まずはご自身の心も、家の中も変えるところから始めないといけないこともあるのです。

タウンライフリフォーム





リフォーム成功の秘訣


管理人プロフィールページでも紹介していますが、私はリフォーム営業マンとして20年間の実績があります。


20年間の中で培った知識・経験からリフォームの成功の秘訣をお教えします。



リフォーム成功の秘訣




  • 満足いくリフォームをしたい

  • 適正な価格でリフォームをしたい

  • リフォームの失敗が怖い

  • 余計なお金を払いたくない

  • 安心できる企業にお願いしたい



これらは、リフォームを検討している誰もが感じていることです。
しかし、リフォーム後に「失敗した」「後悔した」という方が、思った以上に多いです。
せっかく、リフォームをして新しい生活をスタートさせるのですから、適正な価格で、満足いくリフォームを実現したいですよね。



「では、なぜ失敗や後悔の声が多いのか?」


失敗や後悔をしている方のほとんどの方に共通して言えることが、
業者選定を間違っているということです。



現在インターネットが普及して、情報が溢れ、業者のカタログやHPを見ても「うちがいい、うちがいい」
と情報発信をしているため、
選ぶ側としては困ってしまいますよね。
カタログやホームページを見ても、リフォームのイメージは湧いても、あなたの希望に合わせたリフォームが実現できるわけではありません



カタログやホームページの情報だけを判断材料に業者選定をしてしまうことが一番危険です。


リフォーム会社選びは「相見積もり」が効果的


業者選びには相見積もりが非常に効果的です。営業マンの中には「当社だけでやらせてほしい」とよく営業マンから懇願されることがあります。しかし私は、かつてのリフォームの営業マン時代でも、このようなことは一度も言ったことはありません。



むしろ「複数の業者に提案させた方が良いですよ」とアドバスしました。


住宅リフォームは、オーダーメイドです。
リフォームの提案やアドバイスは、業者によって異なりますので、複数の業者にプランや見積もりを提案してもらった方が、色々と比較ができて、良いものを選ぶことができます



そして、見積もり書を並べて見比べるだけで、カタログには載っていない、各社の特徴や問題点に気がつきます。
各業者のメリット・デメリットが見えてくる
費用の比較はもちろん、各会社のプリフォームプラン、担当営業との相性等、業者選びの材料が豊富に手に入ります。


業者のメリットだけではなくデメリットも見えてくる点がポイントです。



また、相見積もりは安い会社を見つけるにも有効です。リフォームの場合、全く同じ条件で見積もりをとっても、50~100万円程度の価格差がでることは珍しくありません。



価格重視で業者を探す方にも、相見積もりは非常に有効な方法なのです。


相見積もりを簡単にもらう方法


相見積もりの利点はわかったけど

「面倒くさそう…」「見積りまで時間がかかりそう」「やり方がわからない」

など、不安がある方も多いと思います。


確かに、相見積もりをとるためには、一社一社問合せたり、電話をかけたりしなければいけないので、時間と労力がかかります。



そこで私がおすすめするサービスがタウンライフリフォームというサービスです。




タウンライフリフォームは無料で利用できる一括見積り請求サービスです。



タウンライフリフォームを利用すると、あなたの条件にマッチした優良企業複数社から見積りが届きます。



お忙しいご家庭でも、簡単に相見積もりをとることができるようになります。
しかも、スマートフォン対応なので電車の中でも簡単に見積もり請求が可能です。



タウンライフのメリットはこれだけではありません!!
通常の一括見積りサービスは見積もりが届いて終わりなのですが、タウンライフの場合は…




  • リフォームの見積もり

  • リフォームのアイデア、アドバイス

  • リフォームのプラン



この3つが届きます。費用の話以外にも悩みがある方、初めてのリフォームで心配な方もアイデア、アドバイスがもらえるので安心です。


比較材料も多いので、あなたの条件に合った形で、最適な料金でリフォームしてくれる業者を探すにはぴったりのサービスです。


しかも、オンラインサポートだから手間がかからない!!


タウンライフリフォームは「選べる・伝える・貰える」無料でオンラインサポートが受けられます。
選べる・貰える・伝える


これだけ充実していて、完全無料なのがびっくりです。


簡単にご利用の流れも紹介しておきますね。


タウンライフリフォームはパソコン・スマートフォン対応サイトなので、電車の中でも簡単に利用できます。


流れとしては…


簡単3ステップ




  1. 希望地域希望箇所を選択

  2. 依頼内容依頼希望会社を選択

  3. 依頼完了!!



簡単3ステップなので手間いらずです。


タウンライフは全国300社以上の業者と提携


タウンライフリフォームは全国300社以上の業者と提携しております。



大手リフォーム会社~地域密着型の小さい会社まで幅広く提携してます。↓↓
大手リフォーム会社~地域密着型の小さい会社まで幅広く提携
この300社の業者の中からあなたの条件にマッチした複数の専門家がリフォームを成功に導く、リフォームアドバイスを提案してくれます。



↓ ↓ ↓管理人のおすすめサイトはこちら↓ ↓ ↓



タウンライフは累計112万人が利用しているサービス


タウンライフシリーズの累計利用者は何と112万人です。
これだけの利用者がいながら悪評が立たないのがタウンライフの凄さだと思います。



利用者目線に立ったサイト作りがユーザーに支持される最大の理由なのかもしれませんね。


【限定】成功するリフォーム7つの法則プレゼント中


タウンライフリフォーム利用者限定先着99名で「成功するリフォーム7つの法則」をプレゼント中です。
無料で使えるサービスなのにプレゼントまで貰えるなんてお得ですね!もらえるものはもらっておきましょう!

↓ ↓ ↓管理人のおすすめサイトはこちら↓ ↓ ↓





↓管理人おすすめサイト↓


すべての人がよいリフォームを望み、
すべてのリフォーム会社がよいリフォームを謳っているにも関わらず、
リフォームで失敗する人が後を絶えないのはなぜでしょうか?

-リフォームのアイデア

Copyright© リフォームの見積りや費用 , 2019 All Rights Reserved.