元大手リフォーム会社の営業マンがお伝えするリフォーム成功の秘訣

リフォームの見積りや費用

リフォームの準備

あなたのリフォーム計画はよく練られたものですか?

更新日:

あなたのリフォーム計画はよく練られたものですか?

 

大規模なリフォーム工事ほど、その段取りを検討しよう

 

リフォームの見積もりをもらい、予算の範囲内で工事ができるとリフォームのGOサインが出せる段階になったら、次は工事の段取りを厳しくチェックしましょう。

リフォームの場合、現在の住まいを基本として考えなければならないことが、新築と異なる特徴です。

引っ越さず、住みながらリフォーム工事を進める場合、工事は一度に完了することができず、一つの工事を終わらせては次の工事に移るという方式で考える必要があります。

ポイント

このように少しずつずらして工事を進めていく場合は、リフォームの段取り、すなわち工程をしっかりと決めた上でスタートしなければいけません。

 

 

改築リフォームは住みながら行う工事である

 

そして、リフォームの工程を考える時は、リフォーム業者任せではなく、住み手の家族の生活のスタイルを考慮した上で、段取りを組む必要があります。

住みながら工事を進めていくと、生活上の不便は我慢しなければなりませんが、逆に言えば、ちょっとした工事ミスも早く発見できるメリットがあります。

その一方で、毎日リフォーム工事が進むのを見ているため、ここも気になる、あそこもこうしてほしいと、次々に工事の変更をしたり、追加で新しい希望を出したりしてしまうケースがあるのも事実です。

そうなると、当初のリフォームの見積もりは、全く意味がなくなってしまいます

少しだけこうしてほしい、ああしてほしいという積み重ねが、リフォームの最終的な支払額をふくらませ、当初の見積もりを大きくオーバーする結果になりかねません。

 

 

工程表で家のリフォームの計画と流れを把握する

 

リフォームに限らず、工事を開始する前には「工程表」を作成してもらい、その工事の段取りや日程を分かりやすくまとめてもらうことが必要です。

工程表は、リフォーム業者自身の作業はもちろん、その業者と職人さんとのやりとりにおいても大切な段取り表となります。

そして住み手にも大切なものなのです。リフォームは住みながら工事をするケースも多いため、どの部分をどの職人さんがいつ工事するかに合わせて、一時的に生活のしかたを変える必要が出てきます。

リフォームの工程表を見れば、いったい何日間、家のどこでどのような工事をして、どの職人さんが入るのか、すぐに分かります。

例えば、キッチンのリフォーム工事では、料理をしようにも火や水が一時的に全く使えなくなるため、工程表を見て、食事はお弁当を購入するとか、家族全員で外食をするといった計画が必要となります。工程表を見れば、工事日に合わせてこの計画を立てることができます。

リフォームでは、工事日数を最小限にする計画をして、住みながらの工事の不便さや不自由さをやわらげる工夫が不可欠です。

これは、新築にはないリフォームの難しさと言えます。

 

 

リフォームは現場を見て正しく見積もりを

 

契約書

 

リフォームのプランが大体まとまったら、次は予算を検討することになります。

リフォームの予算を組む上で必要な工事の見積もりを取る場合には、電話などで簡単に済ませるのではなく、必ずリフォームする現場を見てもらいましょう。

正確な見積もりは、現場を見てこそできるものです。

そして、正しい見積もりが出てこそ、予算に応じた適切なリフォーム工事を実現できるのです。

 

 

リフォームの見積もりをもらうときは詳細が分かる工事仕様書をもらう

 

リフォームの工事費についてご説明します。

工事仕様書と言って、工事の方法をリフォームする各部分まで細部にわたって決めた表があります

この仕様書を作るのは、実際にリフォーム工事を担当する人です。住み手は専門家ではないため、仕様書を簡単に作ることはできません。

しかし、どうしても工事仕様書を自分で作りたい場合は、住宅金融公庫が作成した共通仕様書があります。この共通仕様書を参考に、リフォーム必要な作業の項目を拾い出して記入すると、工事仕様書として利用することができます。

リフォームの工事費は、この仕様書と設計図をもとにして算出されます。工事費には、大きく分けて次のような項目があります。

 

 

住宅リフォームの見積もり工事費の内訳

 

  1. 整地費
  2. 建築主体工事費
  3. 屋内付帯設備工事費(屋内の電気、給排水、衛生、ガス設備工事費など)
  4. 屋外付帯設備工事費(屋外の電気、給排水、衛生、ガス設備工事費、門や塀など外まわりの工事費)
  5. 諸雑費などの費用

 

2の建築主体工事費は、その中でさらに細かく分類されています。

 

  1. 仮設工事費
  2. 土木工事費および基礎工事費
  3. 木工事費
  4. 屋根工事費
  5. 5左官工事費
  6. 建具工事費
  7. 金物工事費
  8. 塗装工事費
  9. 雑工事費
  10. 材料運搬費
  11. 諸経費

新築の場合、これらの各工事費が全て含まれます。

それに対してリフォームの場合は、これら全てではなく、実際に必要となる工事だけの工事費を算出すればいいのです。工事費は、平方メートルまたは坪あたり何万円という単価を使います。すなわち、

それぞれの項目で計算した工事費の総合計を延べ床面積で割った金額

が、工事費となるのです。そのため、各項目の工事費は正確に計算する必要があります。

このように、工事費は実際に必要となる材料や労務量に坪当たりの単価をかけることで計算します。

ただし単価は、リフォームをする同じ家の中でも、部屋や場所によって異なります。またリフォームをする地域によっても単価が異なるため、これらの違いを把握した上で工事費を計算する必要があります。

これを見積書(積算)と言い、この見積もりこそが、住み手とリフォーム業者間の重要な仕事となると言えるのです。

 

 

集合住宅のリフォームと一戸建のリフォームの違い

マンション

 

集合住宅(マンション)はリフォームに制約があり、壁紙の張替えやペンキの塗り替えといった小規模な模様替えしかできないと思われていたのは、昔のことです。

最近では、マンションリフォームが活発になり、マンション・リフォーム・マネージャーという、集合住宅の改造をする専門家の資格試験が年に一回行われるようになりました。

マンションのリフォームでも、自分が所有した部分であり、隣の家との境界の壁の内側であれば、間取りも含めて自由に変更することができます

一戸建とマンションのリフォームが異なるのは、既存のスペース以上に増築することや、スペースを広くすることが絶対にできないという点です。

マンションは集合住宅であるため、壁・床・天井を境目として、各家がひと続きになった共同住宅です。一戸建の住宅では必要ない、さまざまな制限が集合住宅には存在します。

マンションは、建物の区分所有などに関する法律にもとづき、専有部分共用部分に分かれています。

専有部分とは、所有権の対象となる部分で、財産登記されている部分です。

 

共有部分は、専有部分以外の建物の部分のことです。

例えば、入居者が共有する出入り口、共有の廊下や階段、階段室、エレベーター、エレベーターホール、柱や梁、構造床などの固い部分、外壁(窓・バルコニー・テラスを含む。通常バルコニーやテラスは登記面積の対象外)、境界の壁、屋上部分などが共有部分となります。

 

また、給排水設備や消火設備、電気配線設備、焼却炉や屋上貯水槽、物干し場なども専有部分に含まれないため、共有部分となります

その他マンションの規約により共有部分とされるものもあります。

例えば、集会室や応接室、共同の物置などはマンションの所有者全員の共有物として扱われるのです。

以上のことから、マンションでリフォームできる部分というのは、所有権の対象となっている専有部分の範囲に限られるのです。

 

 

マンションリフォームでは他の入居者への配慮が必要

 

マンションの扉

 

マンションでは、どの家にも同じ玄関ドアが使われています。

このみんな同じに並んだ殺風景なドアを、おしゃれな玄関ドアに変更したいというリフォームのご要望がありました。

自分の家の玄関ドアであるため、専有部分の範囲内と思われがちですが、実は玄関ドアは専有部分ではなくマンションの共用部分となります。

同様に、バルコニー側の窓ガラスも共有部分となります。

そのため、玄関ドアを取り替えたい場合には、マンションの入居者全員に相談をして、了承を得る必要があります。

最近では、マンションのリフォームにおいて、カーペット敷きの床からフローリング板張りに変更する希望が多く見られます。

このリフォームは、思うほど簡単ではありません。

その理由は、まず音の問題です。

カーペットからフローリングに変わると、音の響き方が変わるため、マンションの管理組合に届け出をして、許可を得る必要があります。

ある調査によると、マンションでの騒音の問題として、子どもが高い所から飛び降りる音や、走り回る音、椅子などの家具を引きずる音などがあげられています。

リフォーム工事中に出る騒音も問題のひとつです。

工事を進めていく上で、どれだけ配慮をしても、全く音を出さないわけにはいきません。最初の撤去作業や、現地での据付作業などは大きな音が出てしまいます。

集合住宅であるマンションのリフォームは、騒音のストレスを少なくするために、できる限り短期間で現場の工事を終わらせる工夫がとても重要です。

 

注意ポイント

マンションでは各家が壁ひとつで全てくっついているため、一戸建に比べて音がとても伝わりやすくなります。

そのため、リフォーム工事をする際は、同じ棟で音が伝わる周辺の家に、何月何日の何時頃から何時頃までリフォーム工事をすると説明や挨拶まわりをしておく必要があります。

 

 

共有部分の多いマンションリフォームを行うには

 

リフォーム工事における問題は、音だけではありません

マンションの中の一戸がリフォームを始めた場合、工事の材料や撤去した残材処理のために、共有の廊下やエレベーターを使うことになります。

マンションの廊下は、いわば道路のようなもの。入居者全員の共有部分なのです。そのため、リフォームをする家と同じ棟の近隣の家以外にも、マンションの広範囲にわたる家々に挨拶をしておく方がいいでしょう。

マンションでは、共有部分のリフォームも大切な要素となります。

マンションの新築から年月が過ぎると、共有部分も古くなり、リフォームの必要性が出てきます。

マンションの共有部分は、入居者全員の賛同を得て初めて、リフォーム工事を実施することができます。

入居者は毎月維持管理費を支払っています。

これは、マンションの共有部分のお手入れに使うために支払う費用です。

ただし、積立額はさほど大きくないため、バルコニーの手すりのペンキの塗り直しなどといった小規模な修繕はできても、外壁の塗り直しのような大きなリフォーム工事まではカバーできない場合が多いようです。

 

このように、リフォームと言っても一戸建と集合住宅では全く状況が異なります。

集合住宅では、自分達の希望だけでなく、同じ建物に暮らす住人の方々への配慮が不可欠です。

リフォームをする上でさまざまな制限があるのも、集合住宅の各戸がお互いに尊重して気持ち良く暮らせるためなのです。

共有部分の多い集合住宅のリフォームでは、工事内容はもちろん、周囲への説明や挨拶まわりなどにも十分気を配りましょう。

↓管理人おすすめサイト↓


すべての人がよいリフォームを望み、
すべてのリフォーム会社がよいリフォームを謳っているにも関わらず、
リフォームで失敗する人が後を絶えないのはなぜでしょうか?

-リフォームの準備

Copyright© リフォームの見積りや費用 , 2019 All Rights Reserved.