元大手リフォーム会社の営業マンがお伝えするリフォーム成功の秘訣

リフォームの見積りや費用

リフォーム費用や相場

リフォーム代を300万円で抑えるための見積もりと比較ポイント

更新日:

リフォーム、予算、見積もり

 

「リフォーム代はできるだけ安くすませたい」というのが、多くの人の本音です。

いくらリフォームをして、新しい浴室やキッチン、トイレ、リビングになり家族が喜んでくれても、費用負担が大きければ満足のいくリフォームとは言えません。

リフォームは複数回実施する可能性もあるため、できるだけ費用は安く抑えるべきです。

そこで今回は、1回あたりのリフォーム費用を高くても300万円で抑えるポイントや注意点について紹介しています。

この記事をご覧いただくことで、少しでもリフォーム費用を安く抑えられますので、ぜひ参考にしてください。

 

 

1.1回のリフォーム費用は高くても300万円

 

始めは1回のつもりでも、結果的に複数回リフォームをおこなう家庭は少なくありません。

1度リフォームをすると、家を改装することにハマってしまうものですし、回数を重ねることでノウハウが蓄積されてリフォームも上手になります。

そのため、1回あたりのリフォーム費用が高くなりすぎないように注意しなければなりません。

1回のリフォーム費用は、どんなに高くても300万円までに抑えることがおすすめです。最初から大金を注ぎ込んで失敗したらもったいありません。

 

1-1.追加工事の連続で多くのリフォーム費用がかかることも

 

家をリフォームする際に大事なことは、リフォームにかかる費用とリフォーム後の寿命です。

せっかく数百万円〜1千万円近いお金をかけてリフォームしたとしても、数年しか住めない・利用できないようであれば、リフォームする意味はほとんどないと言えるでしょう。

特に老朽化した家では土台も傷んでいるため、リフォーム工事を始めると、新たなボロがあちこちから出てきたりするものです。

そのため、当初はわずかな部分のリフォーム工事だったのにもかかわらず、結局、追加工事の連続で多くのリフォーム費用がかかってしまいます。

 

1-2.リフォーム費用は新築工事よりも割高

木造住宅の増改築費用は、1坪あたり70〜80万円が相場と言われています。

リフォーム相場は40〜50万円かかるため、新築と比べると単位面積あたりで割高です。

ただし、工事面積は新築ほどではないため、リフォーム費用が新築工事費用を超えることはまずありません。

しかし、リフォームに1,000万円も2,000万円もかける必要はないです。

これだけの費用をリフォームにかけられる家庭は、よほど裕福でない限りほとんどありません。

また、リフォームが1回で済むことはあまりなく、

「今回はリビングに床暖房を」

「今度は浴室リフォームを」

など、2回、3回とやりたくなるものです。

最初のリフォームが成功すればもっとやりたくなりますし、失敗したとしても「次こそは」とリフォーム意欲が湧いてきます。

複数回リフォームすることを考えると、1回のリフォーム費用は300万円までに抑えましょう。

住宅ローンが残っている場合はなおさらですし、年収600万円程度ある家庭ならば、無理なく支払いができるでしょう。

 

 

2.300万円あればリフォーム効果も期待できる

 

300万円の予算があれば、床暖房の設置、システムキッチンやユニットバスの取り替えなどが可能です。

大規模な工事はできませんが、十分なリフォーム効果が期待できます。

 

2-1.優先順位を決める

リフォーム代を300万円で抑えるポイントの1つが、優先順位を決めることです。

「床をフローリングにして床暖房も設置し、キッチンやトイレ、浴室の水まわりも新しくしたい。あと、子供部屋をつくって、寝室には収納スペースもつくりたい」

など、あれもこれもとリフォームしようとすると、予算だけが膨れ上がっていきます。

 

2-2.「住みにくさ」を感じる部分からリフォームする

 

リフォーム、優先順位、住みにくさ

 

いろいろな基準で優先順位を決められますが、「住みにくさ」を感じる部分からリフォームすることがおすすめです。

住みにくさには、以下のとおり、建物の構造に起因するものと設計や設備に起因するものがあります。

 

2-3建物の構造に起因する「住みにくさ」

耐震性や耐久性に問題がある場合や、断熱や防音の不備、性能面や設備関連の欠陥など、建物の構造に起因する住みにくさがある場合は、優先的にリフォームするべきです。

大きな地震や台風など災害が起きた場合、大きな被害を受けるかもしれません。

また、近隣トラブルにつながる可能性もあるため、早急に手を打つ必要があります。

 

2-4.設計や設備に起因する「住みにくさ」

部屋が狭い、収納スペースが少ない、日当たりが悪い、風通しが悪い、使いにくいなど、設計や設備に起因する住みにくさがある場合は、なぜこのような不満があるのか考えなくてはいけません。

たとえば、「狭い」という不満がある場合も、原因を突き詰めれば、部屋の広さではなく収納スペースが少なくて荷物が外に出ているため狭く感じている場合もあります。

また、リフォーム工事をするまでもなく、ちょっとした工夫で不満を解消できるケースもあるため、まずは建物の構造に起因する住みにくさから解消することをおすすめします。

このように、優先順位を決める際は、まず「住みにくさ」を感じる部分を優先し、住みにくさを感じる部分の中でも、建物の構造に起因するものから手をつけるようにしましょう。

 

 

3.上手く工事をまとめることで安く抑えられる

キッチンや浴室、トイレなど、設備関連や配管の工事がからむ場合は、設備ごとに上手にまとめて工事することで、リフォーム費用を安く抑えることが可能です。

「キッチン」「トイレ」など場所で分けるのではなく「電気関係」「ガス関係」「水まわり」と、工事で分けるようにしましょう。

 

3-1.床暖房を設置する際もまとめればコスト削減

リビングをリフォームして床暖房を設置する家庭が増えています。

床暖房であれば、暖房のように床のホコリを巻き上げて空気を汚さなくてすみ、肌も乾燥しません。

床下にあるため掃除も必要なく管理もラクです。

電気式とガス式の床暖房がありますが、どちらの場合も床下に設置する必要があり、ガス式の場合はボイラーを設置して床下に配管しなければなりません。

そのため、将来的にリビング以外にも床暖房を設置する計画がある場合は、リビング1箇所だけを先にリフォームするのでなく、廊下や寝室など他の部分もまとめて工事をした方が、コスト削減が可能です。

あれこれいろんな部分に手をつけるのが1番損ですので、効率的にまとめていくようにしましょう。

 

 

4.リフォーム工事中は家を出る

リフォーム工事をする際、家に住み続けるのと、家を出るのとではどちらの方が得なのでしょうか。

恐らく、多くの人が「家に住み続けたままの方が得」と考えるかもしれませんが、実はそうでもありません。

リフォーム工事の規模にもよりますが、工事中は家を出た方が得するケースが多分にあります。

ここでは、家に住み続けると損する理由と、家を出ると得する理由について見ていきましょう。

 

4-1.家に住み続けると損する3つの理由

家に住み続けると、なぜしてしまうのでしょうか。その理由は、主に以下の3つです。

 

1.工期が長くなる

損する理由の1つが、工期が長くなることです。

現場で働く職人からすれば、工事現場に居住者がいるわけですから、居住者のライフスタイルや騒音、ホコリ、現場の出入りなど、さまざまなことに気を遣う必要があります。

そのため、思うように工事が進まず、工期が長くなるのです。

工期が長くなると、人件費も余計にかかります。

 

2.養生費用がかかる

養生費用がかかることも、家に住み続けると損する理由です。

工事現場に居住者がいると、できるだけ日常通りに生活してもらうために、防音壁をつけるなどの処置が必要になります。

リフォーム工事の規模が大きいほど、大掛かりな養生をしなければならず、そのコストはばかになりません。

 

3.仮設の費用がかかる

仮設費用がかかることも、損する理由です。

リフォーム箇所がキッチンやトイレ、浴室であれば、これらの設備を仮設するのに費用がかかります。

たとえば、庭やベランダに仮設の浴室をつくるなどです。

当然、これらの仮設設備には相応のコストがかかりますので、リフォーム費用が高くなる可能性があります。

リフォーム工事中、家に住み続けることでこのような費用がかかる可能性があることを、理解しておきましょう。

 

4-2.家から出る場合

リフォーム工事中、家から出る場合は、家具や荷物をトランクルームに預ける人も多いです。

そして、工事期間にもよりますが、ウィークリーマンションなどを借りて生活をします。

もちろん、これらの費用がかかりますが、家族4人で月に15〜20万円ほどですので、家に住み続けるよりも安上がりなケースがほとんどです。

ただし、リフォームの内容や規模、業者によっても異なるため、リフォームをする際は、家に住み続ける場合と外に出る場合を比較して予算が安い方を選ぶようにしましょう。

 

 

5.業者選びを慎重におこなう

 

工務店や設備機器メーカー、ハウスメーカー、リフォーム店、便利屋さんなど、リフォームを手掛ける業者は非常に多くあります。

そして、業者によって得意とするリフォーム工事や費用が異なるため、「なんとなく」で選ぶのではなく、慎重に業者選びをすることが大事です。

 

5-1.必ず複数業者の見積もりをとる

リフォームを依頼する際は、始めから1社に絞るのではなく、複数業者の見積もりをとったうえで比較するようにしましょう。

「昔から●●さんにはお世話になっているから」

「近くにある■■工務店にリフォームを依頼しよう」

「チラシが入っていたのでここにしよう」

など、安易にリフォーム業者を決めてしまうと費用が割高になる可能性があります。

リフォーム費用を安くしたいのであれば、必ず複数業者で比較が必要です。

 

5-2.安さを重視しながらも総合的に判断する

業者によって得意とするリフォーム工事は異なります

たとえば、システムキッチン関係のメーカーがリフォームを手掛けている場合は、やはりキッチンリフォームに強みがありますし、インテリア業界から参入している業者はインテリアコーディネートや内装材に強みを発揮します。

「安いから」という理由だけで業者選びをしてしまうと、該当工事が業者の弱みであるケースもありますので注意が必要です。

安さを重視しつつも、工事内容に適している業者やアフターサービスが充実している業者を選びましょう。

 

 

6.見積もりは細かくチェックすること

 

リフォーム、費用、抑える、チェック

 

リフォーム費用を安くするために、見積もりはできるだけ細かくチェックするようにしましょう。

見積もりに記載されている内容に疑問を持ち、一つひとつ確認していくことが大事です。

「業者が出した見積もりだから大丈夫だろう」

と、ろくにチェックもせず、内容を鵜呑みにしていたら、リフォーム費用を安く抑えることは難しいでしょう。

なかには、意図的に割高な見積もりを出す業者もあるため、見積もりのチェックは非常に重要です。

 

6-1.気をつけたいリフォーム・増改築の「一式見積もり」

見積もりには、一式見積もり詳細見積もりがあります。

一式見積もりとは、「床工事一式●●円」「壁工事一式■■円」など、工事単位の総額が記載されてある見積もりのことです。

総額の把握はしやすいですが、これでは、どの材料をどれくらい使い、職人は何人作業したのか、それぞれにいくら費用がかかったのか詳細の把握ができません。

実際、詳細がわからないことをいいことに、さまざまな費用を含めていたり、費用を上乗せしている業者があるため注意が必要です。

見積もりを出してもらう場合は、できるだけ詳細まで記載されている詳細見積もりでお願いしましょう。

もし、一式見積もりの場合は、細かい材料費や人件費などがわかるように質問をして、不明瞭な部分をなくすようにしてください。

 

今回は、1回あたりのリフォーム費用を高くても300万円で抑えるポイントや注意点について紹介いたしました。

リフォームは1回だけでなく、長く住み続ける以上2度〜3度は実施しますので、1回の工事に多額の費用をかける必要はありません。

どんなに高くても300万円までに抑え、次回以降のリフォームに備えてください。

この記事で紹介した、

  • 優先順位を決める
  • 上手く工事をまとめる
  • リフォーム工事中は家を出る
  • 業者選びを慎重におこなう
  • 見積もりは細かくチェックする

これらのポイント・注意点を参考にしたうえで、リフォーム計画を立てるようにしましょう。

 

 

私の体験談

 

お金は無限に使えるものではありません。

限りある予算の中から、効果的なポイントを見抜いていくためには、住宅に対する細かな不満を普段から書き出しておくと良いでしょう。

私が以前営業でリフォーム工事にお伺いしたお宅でも、リビングの壁を取り除いて広々としたことで家の中の開放感がずいぶんと感じられるようになったというものもありました。

実際には壁を取り除き、壁紙を張り替え、照明を変えただけだったのですがそれだけでも全く違った印象の部屋になり、50万円ほどのリフォームなのに大きく印象が変わったと喜んでいただけました。

リビングは過ごす時間が長い部屋だけに、リビング一部屋変えただけでも家の印象は、住人の方にとっても大きく変わるものなのです。

もちろん人によって浴槽を変えたい、玄関を変えたいという、それぞれの気持ちはあるでしょうが、住人全員の希望を聞き出し、その中の最大公約数的なものをチョイスしてからリフォームするポイントを決めていく方が良いです。

そうすれば、リフォーム後にこうすればよかった、ああすれば良かったことという、後悔の思いも発生しにくくなるでしょう。

↓管理人おすすめサイト↓


すべての人がよいリフォームを望み、
すべてのリフォーム会社がよいリフォームを謳っているにも関わらず、
リフォームで失敗する人が後を絶えないのはなぜでしょうか?

-リフォーム費用や相場

Copyright© リフォームの見積りや費用 , 2019 All Rights Reserved.