バリアフリー リフォーム1

バリアフリーの補助金制度について知っておくべきこと

投稿日:

介護保険制度による補助金を利用する

バリアフリー化のためにリフォーム工事をする家庭は増えています。
最近は高齢化が進んでいるため、このようなケースは珍しくなくなっているのです。
しかし、リフォームをするためには当然工事費用がかかってしまいます。
これは負担の大きなものであり、お金に余裕のない家庭にとっては悩みの種となりやすいことなのです。
このような家庭を補助するための制度が存在しています。
その一つとして介護保険制度による補助金が存在しています。
これからバリアフリー化のための工事をする際に工事費用の一部を補助してくれるのです。

 

介護保険制度では要支援や溶解後の認定を受けた人が住んでいる住宅について、手すりを取り付けたり、引き戸を設置するなどのリフォームをする場合に、20万円までの工事費用についてはその9割を補助してくれます。
つまり、最大で18万円の補助金を受けることができるのです。
どのような工事が補助の対象となっているのかは決められています。
いろいろな手続をしなければいけないため、ケアマネージャーに相談をしてこちらの制度を利用しましょう。
たとえ18万円であってもかなりありがたい制度といえるでしょう。
簡単なバリアフリーリフォームならば、これだけでも十分なのです。
その他の制度も活用することによって、リフォームにかかる費用を大幅に節約することができるでしょう。

 

 

自治体独自の補助金制度を調べておく

バリアフリーリフォームについては介護保険制度以外にもいろいろな補助制度が存在しています。
たとえば自治体ごとに独自の補助制度を用意していることがあるのです。
たとえば、高齢者住宅改修費支援制度や障害者住宅改造費助成制度といった名称の制度が用意されています。
これとさらに介護保険の支援制度を合わせて受けることも可能なのです。
これによって、多くの補助金を得ることができるため、大掛かりなリフォームをしたとしても費用がそれほどかからないでしょう。

 

ただし、自治体ごとの制度については細かく条件が決められていたり、助成額にも限りのあることが多いです。
それぞれの自治体の担当窓口に問い合わせをしてみましょう。
そして、どのような補助を受けられるのか詳細を確認しておいてください。
たとえば年齢制限があったり、所得による制限が設けられていることがあるのです。
基本的には今すぐバリアフリーの環境が必要とされていて、なおかつある程度年収の低い人を対象としたものです。
所得の高い人についてはこのような補助制度を受けられないことが多いでしょう。
また、年齢が若くて、同居している人に特にバリアフリーの環境が必要な人がいない場合には、補助の対象外となっていることが多いです。
本当に補助が必要な人に対してのみ機能するような制度となっているのです。
細かい条件を確認しておきましょう。

 

バリアフリーのリフォームの際には減税を活用

バリアフリーのリフォームへの補助金制度の活用によってかなり費用を抑えることができます。
これだけではなくてリフォーム減税についてもチェックしておきましょう。
実はリフォームをすることによって所得税の控除を受けることができたり、固定資産税の軽減を受けられるなどの税の優遇制度が存在しているのです。
このような支援を受けることによって、結果的にバリアフリー化の工事にかかる費用を節約することにつながるでしょう。
もちろん実際に支払う工事費が安くなるわけではないのですが、それによって税金が軽減されるのであれば、
トータルで費用を抑えたことになるのです。
ただし、減税というのは勝手に適用されるようなものではありません。
納税者が自分から申請をしなければ減税されることはないため気をつけましょう。
きちんと自分で申告をしなければいけないのです。

 

自己資金でリフォーム工事をすることによって、たとえば所得税を20万円程度控除することができたり、
固定資産税が減税されることもあるのです。
ただし、このような制度というのは頻繁に内容が変わってしまうことが珍しくありません。
そのため最新の情報を常に確認するようにしましょう。
また、きちんと問い合わせをして、自分のケースでは減税が適用されるのかをチェックしておきましょう。
減税制度を上手く活用してお金を節約しましょう。

 

 

新築のバリアフリー住宅にはすまい給付金制度がある

日本は消費税が引き上げされたのですが、それによって住宅を取得する際の負担が増えてしまいました。
それを緩和するための措置としてすまい給付金制度というものが誕生しています。
これによってバリアフリー化されている新築の住宅を購入する際には、お得になるのです。
すでにある住宅のリフォームには適用されないのですが、これまではバリアフリー化された住宅を買ったとしても、
その費用を軽減するような制度はなかったため、すまい給付金という制度はとてもありがたいものとなっています。

 

もしこれから新築でバリアフリー化された住宅を買おうと考えているならばすまい給付金の制度を活用しましょう。
ただし、こちらの制度は平成26年4月から平成31年の6月までと期間が限定されています。
また、自分で申込書を作成して、添付書類も用意して申請しなければいけません。
一定の基準を満たしているならば数十万円の給付を受け取ることができるでしょう。
バリアフリー性に優れた住宅であれば、新築住宅の購入の際に給付金を受けることができます。
ただし細かい条件が設定されているため、そちらをきちんと確認しておきましょう。
条件から少しでも外れているような場合には給付金を受けることができなくなるのです。
これから買おうと思っている住宅が条件を満たしているのかはきちんと確認してから購入を検討してください。

 

 

補助金を考慮に入れてバリアフリー化を考える

バリアフリー化は真剣に考えておかなければいけない問題です。
現在、自宅に高齢者や障害のある人が住んでいる場合はもちろんのこと、今は健康だったとしても50代の方ならばそろそろ身体的な機能の衰えが現れてくる頃なのです。
早めにバリアフリー化を実現させておくことによって、万が一急激に症状が進行したとしても安全に暮らせるようになるでしょう。
症状の進行は人それぞれであり、身体機能が急激に衰えてしまうことはあるのです。

 

また、バリアフリー化というのは単に障害のある人だけではなくて、たとえば怪我をしてしまったり、病気にかかってしまった時でも役に立ちます。
子供の怪我を防止するためにも効果的でしょう。
誰にとっても暮らしやすいことがバリアフリーの目的となっているのです。
そんなバリアフリー化のためのリフォームを検討しているならば、補助金のことをきちんと考慮に入れましょう。
予算や費用について考えている時にはつい補助金のことを忘れがちなのです。
バリアフリーのためのリフォームへの補助金の制度は非常にたくさん存在しています。
それらの制度は基本的にこちらから申請されなければまったく適用されないのです。
その存在を知らなかったら、それらの制度の恩恵を受けることができなくなるのです。
バリアフリー化を検討するならば、まずはどのような制度があるのか調べることから始めましょう。

タウンライフリフォーム





リフォーム成功の秘訣


管理人プロフィールページでも紹介していますが、私はリフォーム営業マンとして20年間の実績があります。


20年間の中で培った知識・経験からリフォームの成功の秘訣をお教えします。



リフォーム成功の秘訣




  • 満足いくリフォームをしたい

  • 適正な価格でリフォームをしたい

  • リフォームの失敗が怖い

  • 余計なお金を払いたくない

  • 安心できる企業にお願いしたい



これらは、リフォームを検討している誰もが感じていることです。
しかし、リフォーム後に「失敗した」「後悔した」という方が、思った以上に多いです。
せっかく、リフォームをして新しい生活をスタートさせるのですから、適正な価格で、満足いくリフォームを実現したいですよね。



「では、なぜ失敗や後悔の声が多いのか?」


失敗や後悔をしている方のほとんどの方に共通して言えることが、
業者選定を間違っているということです。



現在インターネットが普及して、情報が溢れ、業者のカタログやHPを見ても「うちがいい、うちがいい」
と情報発信をしているため、
選ぶ側としては困ってしまいますよね。
カタログやホームページを見ても、リフォームのイメージは湧いても、あなたの希望に合わせたリフォームが実現できるわけではありません



カタログやホームページの情報だけを判断材料に業者選定をしてしまうことが一番危険です。


リフォーム会社選びは「相見積もり」が効果的


業者選びには相見積もりが非常に効果的です。営業マンの中には「当社だけでやらせてほしい」とよく営業マンから懇願されることがあります。しかし私は、かつてのリフォームの営業マン時代でも、このようなことは一度も言ったことはありません。



むしろ「複数の業者に提案させた方が良いですよ」とアドバスしました。


住宅リフォームは、オーダーメイドです。
リフォームの提案やアドバイスは、業者によって異なりますので、複数の業者にプランや見積もりを提案してもらった方が、色々と比較ができて、良いものを選ぶことができます



そして、見積もり書を並べて見比べるだけで、カタログには載っていない、各社の特徴や問題点に気がつきます。
各業者のメリット・デメリットが見えてくる
費用の比較はもちろん、各会社のプリフォームプラン、担当営業との相性等、業者選びの材料が豊富に手に入ります。


業者のメリットだけではなくデメリットも見えてくる点がポイントです。



また、相見積もりは安い会社を見つけるにも有効です。リフォームの場合、全く同じ条件で見積もりをとっても、50~100万円程度の価格差がでることは珍しくありません。



価格重視で業者を探す方にも、相見積もりは非常に有効な方法なのです。


相見積もりを簡単にもらう方法


相見積もりの利点はわかったけど

「面倒くさそう…」「見積りまで時間がかかりそう」「やり方がわからない」

など、不安がある方も多いと思います。


確かに、相見積もりをとるためには、一社一社問合せたり、電話をかけたりしなければいけないので、時間と労力がかかります。



そこで私がおすすめするサービスがタウンライフリフォームというサービスです。




タウンライフリフォームは無料で利用できる一括見積り請求サービスです。



タウンライフリフォームを利用すると、あなたの条件にマッチした優良企業複数社から見積りが届きます。



お忙しいご家庭でも、簡単に相見積もりをとることができるようになります。
しかも、スマートフォン対応なので電車の中でも簡単に見積もり請求が可能です。



タウンライフのメリットはこれだけではありません!!
通常の一括見積りサービスは見積もりが届いて終わりなのですが、タウンライフの場合は…




  • リフォームの見積もり

  • リフォームのアイデア、アドバイス

  • リフォームのプラン



この3つが届きます。費用の話以外にも悩みがある方、初めてのリフォームで心配な方もアイデア、アドバイスがもらえるので安心です。


比較材料も多いので、あなたの条件に合った形で、最適な料金でリフォームしてくれる業者を探すにはぴったりのサービスです。


しかも、オンラインサポートだから手間がかからない!!


タウンライフリフォームは「選べる・伝える・貰える」無料でオンラインサポートが受けられます。
選べる・貰える・伝える


これだけ充実していて、完全無料なのがびっくりです。


簡単にご利用の流れも紹介しておきますね。


タウンライフリフォームはパソコン・スマートフォン対応サイトなので、電車の中でも簡単に利用できます。


流れとしては…


簡単3ステップ




  1. 希望地域希望箇所を選択

  2. 依頼内容依頼希望会社を選択

  3. 依頼完了!!



簡単3ステップなので手間いらずです。


タウンライフは全国300社以上の業者と提携


タウンライフリフォームは全国300社以上の業者と提携しております。



大手リフォーム会社~地域密着型の小さい会社まで幅広く提携してます。↓↓
大手リフォーム会社~地域密着型の小さい会社まで幅広く提携
この300社の業者の中からあなたの条件にマッチした複数の専門家がリフォームを成功に導く、リフォームアドバイスを提案してくれます。



↓ ↓ ↓管理人のおすすめサイトはこちら↓ ↓ ↓



タウンライフは累計112万人が利用しているサービス


タウンライフシリーズの累計利用者は何と112万人です。
これだけの利用者がいながら悪評が立たないのがタウンライフの凄さだと思います。



利用者目線に立ったサイト作りがユーザーに支持される最大の理由なのかもしれませんね。


【限定】成功するリフォーム7つの法則プレゼント中


タウンライフリフォーム利用者限定先着99名で「成功するリフォーム7つの法則」をプレゼント中です。
無料で使えるサービスなのにプレゼントまで貰えるなんてお得ですね!もらえるものはもらっておきましょう!

↓ ↓ ↓管理人のおすすめサイトはこちら↓ ↓ ↓





↓管理人おすすめサイト↓


すべての人がよいリフォームを望み、
すべてのリフォーム会社がよいリフォームを謳っているにも関わらず、
リフォームで失敗する人が後を絶えないのはなぜでしょうか?

-バリアフリー, リフォーム1

Copyright© リフォームの見積りや費用 , 2020 All Rights Reserved.