リフォーム1 外壁塗装

外壁塗装の注意点!塗り替えのタイミングがわかるサインって?

投稿日:

外壁にチョーキングが起きていたらもう塗り替え時期!

外壁の塗装工事といっても実際に塗るのは外壁そのものだけでなく、鉄部から木部、屋根に至るまで色々な箇所を塗装することが一般的です。
その中でも特に塗り替え時期を判断するのにわかりやすいのは外壁そのものにチョーキングが起きている時です。
チョーキングというのは表面の塗装が劣化して粉のような状態になっており、指で壁をなでるだけで簡単に白っぽい粉のような物が付着する状態です。
このチョーキングが起きているならばなるべく速く塗り替え工事を計画したほうが良いでしょう。

 

このように前回の塗装が完全に劣化している状態というのは、外壁が紫外線や風雨からプロテクトされていない状態ですので、放っておくと今までよりも速いペースで劣化が進んでしまいます。
激しくチョーキングが起きている外壁を高圧洗浄で水洗いすると、白く濁った水がどんどん流れます。
それだけ壁の表面の塗装が簡単に落ちてしまうような状況になっているわけです。
チョーキングが起きているかどうかは素人でも簡単にわかるので、気になる方は自分の家の外壁を指でなでてみてください。
このチョーキングという現象はモルタルの外壁であってもサイディングの壁であっても現れるものなので、自分でもチェックするようにしましょう。
このようになっている壁に塗装する時は、下地準備としてシーラーなどをしっかり塗ることが大切になってきます。
きちんとした業者であれば

 

  1. 下塗り
  2. 中塗り
  3. 仕上げ塗り

 

という風に三回塗ってくれるはずですので、その点を見積もりの段階で確認しましょう。

 

 

外壁にクラックが目立ってきたら要注意

外壁を眺めてみて所々ヒビ割れているな~と感じたらそれは外壁の塗り替え時期です。
こうしたヒビ割れのことをクラックと呼びますが、あまりにクラックが激しい場合は普通にペンキを塗っただけでは埋まらない場合もあります。
さらにクラックが激しい場合は中に水が回ってしまっている可能性もありますので、早急に業者さんに見てもらう必要があるでしょう。
こうしたクラックは現れ始めると色々な所に現れたり、さらには一つのクラックから水が入り腐食が進み、クラックが大きくなる場合もあります。
中に鉄筋が入っているような外壁にクラックが生じて水が侵入してしまった場合、中の鉄筋がどんどんと錆びていってしまう危険性もありますので、やはり早急に対応が必要です。

 

このクラックを埋める作業をしてからペンキを外壁に塗っていくわけですが、壁の材質やクラックの大きさによってクラックの埋め方は異なってきます。
例えばモルタルの外壁のそれほど幅や深さがないクラックであれば、サーフと呼ばれる下地材をしっかり塗ることで、クラックも埋まり、傷んだ下地を整えることができます。
クラックが大きい場合はもっと本格的に補修が必要になるケースもあります。
とにかくまず防ぎたいのは水の侵入ですので、マイホームの外壁にクラックを見つけてしまったらすぐにプロに相談しましょう。
早いうちに対処すれば大きな問題にならずに、余分な修理費を払うこともないでしょう。

 

壁のシーリングが傷んでいるのも塗り替えのサイン

続いて注目したいのは外壁のシーリングです。
これは主にサイディングの外壁を採用している家の場合です。
サイディングの外壁の家は最近とても多いので、この部分にしっかり注意を払うのは良いことです。
シーリングというのはサイディングの板と板の間に入れてある、少しプヨプヨしたゴムのようなものです。
コーキングという言い方もしますが、この部分がすっかり干からびたような感じで痩せてしまい、ヒビ割れていると、そろそろ外壁も塗り替え時期だと判断したほうが良いでしょう。
シーリングがそれだけ劣化しているということは恐らく外壁もかなり劣化しており塗り替えしたほうが良い状態になっている可能性が高いです。
新築であればこのタイミングは基本的に重なることが多いです。
よっぽど壁を塗ったタイミングとシーリング工事をした時期にズレがなければこの2つは同時にやり直すことが多いでしょう。

 

サイディングの外壁の場合基本的にこのシーリングで板と板の間を塞いで雨の侵入を防いでいるだけですので、このシーリングが傷んでダメになって、
水の浸入を許してしまうと、外壁を内側から腐らせてしまう可能性があります。
サイディングの外壁が一部とはいえ使い物にならないほど傷んでしまい、その部分だけサイディングの張り直しとなると、かなり費用のかかる大がかりな工事になってしまいます。
そうならないようにシーリングの状態をなるべくチェックするようにしましょう。
特に日当たりの良い面のシーリングの劣化に要注意です。

 

 

木部の傷みを見つけたら塗り替えを

さて、家には色々な材質が用いられています。
一軒の家の中にも鉄部、木部、モルタルの部分やサイディング、ALC板の部分など様々です。
この中で特に劣化が激しい部分が木部です。
外壁の塗料は一般的に10年ほど保つと言われていますが、木部は5~6年と言われています。
しかも木部用の塗料がかなり改良されてきてこの数字ですので、やはり他の箇所と比べて木部は傷みやすいということがわかります。
家のどの部分に木材が使われているかは家によってかなり違いがあります。
代表的な部分では破風(はふ)や軒天(のきてん)、窓枠や戸袋、木製の雨戸や柱、さらにはウッドデッキなどでしょう。
こうした部分の傷み具合を見極めていくならば塗り替え時期を逸さないようにできるでしょう。

 

まず今までの塗料が明らかに剥がれてきていて、パリパリとなっているようであればもう塗り替え時期が差し掛かっていると言えます。
さらに剥がれてはいなさそうでも、塗料が浮いていたりする場合もあります。
外壁などほかの部分よりも早めに木部は傷んでくるので、外壁の塗装はせずに木部だけを塗ることにする方も結構います。
外壁の塗り頃まで待っていると木部の傷みがどんどん進んでしまうからです。
また外壁がすべて木材でできている家もあります。
こうした家は外壁全体の塗り替えも少し早い段階で行わなければいけないかもしれません。
木部には必ずしもペンキを塗るわけではなく、防腐剤と呼ばれるものを塗布することも多いです。

 

 

鉄部のサビが徐々に目立ってくることも

家の中では様々な部分で鉄が使われています。
トタン屋根の家や外壁自体がトタンという家では特に錆(サビ)の程度をしっかり見ていかなければなりません。
サビは金属の腐食で、放っておくとどんどんとサビが広がっていって、朽ちていってしまいます。
それでなるべく早くサビを除去してサビ止めを塗り、上からペンキを塗り直す必要があります。
なんらかの事情で鉄部で水はけが悪かったりするとその部分は他の部分と比べてかなり早くサビてくる可能性が高いです。
鉄部のサビが原因でそこで穴が開いて水の浸入が始まり、水漏れ、雨漏りにつながる可能性もあるので、鉄部のサビは要注意です。

 

最近ではアルミサッシを使って柵などを作る家庭が多いですが、少し前の建築物だと柵などが鉄で出来ているところも多いと思います。
こうした柵もサビが出やすい部分です。
もしサビを放っておくと柵の一部が完全に腐って無くなってしまうことも少なくありません。
他にサビが強く出やすいのは鉄骨階段などがあります。
階段のステップ部分が鉄だと、そこに少なからず雨水が溜まりやすいので、サビが出やすくなります。
鉄部の劣化が気になって塗り替えを考えている方は、サビ止めをしっかり塗ってもらえるよう業者に頼みましょう。
もちろんきちんとした業者であれば、しっかりとサビ落としとサビ止め塗布をするはずです。
家を長持ちさせるためにも大敵であるサビを落としましょう。

タウンライフリフォーム





リフォーム成功の秘訣


管理人プロフィールページでも紹介していますが、私はリフォーム営業マンとして20年間の実績があります。


20年間の中で培った知識・経験からリフォームの成功の秘訣をお教えします。



リフォーム成功の秘訣




  • 満足いくリフォームをしたい

  • 適正な価格でリフォームをしたい

  • リフォームの失敗が怖い

  • 余計なお金を払いたくない

  • 安心できる企業にお願いしたい



これらは、リフォームを検討している誰もが感じていることです。
しかし、リフォーム後に「失敗した」「後悔した」という方が、思った以上に多いです。
せっかく、リフォームをして新しい生活をスタートさせるのですから、適正な価格で、満足いくリフォームを実現したいですよね。



「では、なぜ失敗や後悔の声が多いのか?」


失敗や後悔をしている方のほとんどの方に共通して言えることが、
業者選定を間違っているということです。



現在インターネットが普及して、情報が溢れ、業者のカタログやHPを見ても「うちがいい、うちがいい」
と情報発信をしているため、
選ぶ側としては困ってしまいますよね。
カタログやホームページを見ても、リフォームのイメージは湧いても、あなたの希望に合わせたリフォームが実現できるわけではありません



カタログやホームページの情報だけを判断材料に業者選定をしてしまうことが一番危険です。


リフォーム会社選びは「相見積もり」が効果的


業者選びには相見積もりが非常に効果的です。営業マンの中には「当社だけでやらせてほしい」とよく営業マンから懇願されることがあります。しかし私は、かつてのリフォームの営業マン時代でも、このようなことは一度も言ったことはありません。



むしろ「複数の業者に提案させた方が良いですよ」とアドバスしました。


住宅リフォームは、オーダーメイドです。
リフォームの提案やアドバイスは、業者によって異なりますので、複数の業者にプランや見積もりを提案してもらった方が、色々と比較ができて、良いものを選ぶことができます



そして、見積もり書を並べて見比べるだけで、カタログには載っていない、各社の特徴や問題点に気がつきます。
各業者のメリット・デメリットが見えてくる
費用の比較はもちろん、各会社のプリフォームプラン、担当営業との相性等、業者選びの材料が豊富に手に入ります。


業者のメリットだけではなくデメリットも見えてくる点がポイントです。



また、相見積もりは安い会社を見つけるにも有効です。リフォームの場合、全く同じ条件で見積もりをとっても、50~100万円程度の価格差がでることは珍しくありません。



価格重視で業者を探す方にも、相見積もりは非常に有効な方法なのです。


相見積もりを簡単にもらう方法


相見積もりの利点はわかったけど

「面倒くさそう…」「見積りまで時間がかかりそう」「やり方がわからない」

など、不安がある方も多いと思います。


確かに、相見積もりをとるためには、一社一社問合せたり、電話をかけたりしなければいけないので、時間と労力がかかります。



そこで私がおすすめするサービスがタウンライフリフォームというサービスです。




タウンライフリフォームは無料で利用できる一括見積り請求サービスです。



タウンライフリフォームを利用すると、あなたの条件にマッチした優良企業複数社から見積りが届きます。



お忙しいご家庭でも、簡単に相見積もりをとることができるようになります。
しかも、スマートフォン対応なので電車の中でも簡単に見積もり請求が可能です。



タウンライフのメリットはこれだけではありません!!
通常の一括見積りサービスは見積もりが届いて終わりなのですが、タウンライフの場合は…




  • リフォームの見積もり

  • リフォームのアイデア、アドバイス

  • リフォームのプラン



この3つが届きます。費用の話以外にも悩みがある方、初めてのリフォームで心配な方もアイデア、アドバイスがもらえるので安心です。


比較材料も多いので、あなたの条件に合った形で、最適な料金でリフォームしてくれる業者を探すにはぴったりのサービスです。


しかも、オンラインサポートだから手間がかからない!!


タウンライフリフォームは「選べる・伝える・貰える」無料でオンラインサポートが受けられます。
選べる・貰える・伝える


これだけ充実していて、完全無料なのがびっくりです。


簡単にご利用の流れも紹介しておきますね。


タウンライフリフォームはパソコン・スマートフォン対応サイトなので、電車の中でも簡単に利用できます。


流れとしては…


簡単3ステップ




  1. 希望地域希望箇所を選択

  2. 依頼内容依頼希望会社を選択

  3. 依頼完了!!



簡単3ステップなので手間いらずです。


タウンライフは全国300社以上の業者と提携


タウンライフリフォームは全国300社以上の業者と提携しております。



大手リフォーム会社~地域密着型の小さい会社まで幅広く提携してます。↓↓
大手リフォーム会社~地域密着型の小さい会社まで幅広く提携
この300社の業者の中からあなたの条件にマッチした複数の専門家がリフォームを成功に導く、リフォームアドバイスを提案してくれます。



↓ ↓ ↓管理人のおすすめサイトはこちら↓ ↓ ↓



タウンライフは累計112万人が利用しているサービス


タウンライフシリーズの累計利用者は何と112万人です。
これだけの利用者がいながら悪評が立たないのがタウンライフの凄さだと思います。



利用者目線に立ったサイト作りがユーザーに支持される最大の理由なのかもしれませんね。


【限定】成功するリフォーム7つの法則プレゼント中


タウンライフリフォーム利用者限定先着99名で「成功するリフォーム7つの法則」をプレゼント中です。
無料で使えるサービスなのにプレゼントまで貰えるなんてお得ですね!もらえるものはもらっておきましょう!

↓ ↓ ↓管理人のおすすめサイトはこちら↓ ↓ ↓





↓管理人おすすめサイト↓


すべての人がよいリフォームを望み、
すべてのリフォーム会社がよいリフォームを謳っているにも関わらず、
リフォームで失敗する人が後を絶えないのはなぜでしょうか?

-リフォーム1, 外壁塗装

Copyright© リフォームの見積りや費用 , 2020 All Rights Reserved.