リフォームの準備

失敗しないフルリフォーム決断のために大切なこと!大規模なリフォームは必ず現場で相談しよう

投稿日:

失敗しないフルリフォーム決断のために大切なこと!大規模なリフォームは必ず現場で相談しよう

 

リフォーム工事を始める前は、いろいろなことに悩んだり迷ったりします。どんなに細かいことでも、その悩みや迷いをスッキリ解決してから工事を始めないと、リフォームが失敗してしまう恐れがあります。リフォーム工事をスタートする前に気を付けならなければならないポイントをまとめてみました。

 

どこにリフォーム工事を頼めばいいの?リフォーム業者選びのポイント

 

リフォームをしようと思ったら誰もが最初に気になることのひとつが、どこにリフォームを依頼するかということですよね。

実際に、とにかく良いリフォーム業者を紹介してくださいと相談されることがたいへん多くあります。

それでは、良い業者というのは一体どんな業者のことを言うのでしょうか。そんなの簡単だと思われるかもしれませんが、実はそう単純なことではないのです

 

良い業者とは、リフォーム費用が安くあがる会社でしょうか。確かに費用は安いに越したことはなく、家計にも優しいですよね。

しかし、ただ安ければいいというものでもありません。住み手がリフォーム工事の正確な内容が分からないうちは、リフォームの見積り金額だけを見て、安いから良い業者だと決めることはできないのです。

 

ポイント

例えばリフォームの材料に質の良いものばかりたくさん使えば、当然費用は高くなります。材料を変更して費用を安くすることはできます。

また、工事を複雑な方法にするか簡単な方法にするか、リフォームの作業の仕方によっても費用は全く異なってきます。リフォームにかかる日数や時間も、費用の差の原因になります。

 

 

リフォーム業者を選ぶ基準はコストや費用以外にもある

 

では、住み手のどんな要望でも、

はい分かりました、いいですよ

と、全て引き受けてくれるリフォーム業者はどうでしょう。住み手から見れば、何でも引き受けてくれるのはとても気持ちの良いことでしょう。

最近では、リフォーム専門業者においても営業マンがいて、契約後に仕事を工務に引き継ぐ仕組みを取る会社が多くなっています。そのような業者の場合に注意すべきことがあります。

営業マンが何でもできますよと言って引き受けたにも関わらず、契約後に現場を担当する工務がそれは聞いていないと言うことが、しばしば起こるのです。

 

リフォームは新築に比べて、実際には施工できない工事もあったり、できたとしても、とても費用が高くなったりする工事があります。

 

そのため、調子良く「何でもできる」と引き受けて失敗したり、途中で投げ出したりするリフォーム業者よりも、工事のできるできないをはっきりと正直に言ってくれるリフォーム業者の方が、良い業者と言えるのではないでしょうか。

ポイント

費用を払って住まいの点検、すなわち健康診断をしてもらいましょう。その点検作業の様子で、リフォーム業者の仕事への姿勢や誠実さをチェックすることができるからです。

 

 

住宅リフォームの施工業者の現場や住み手への姿勢を確認する

 

リフォーム計画

 

良い業者とは

ユーザーである住み手の希望をよくヒアリングして、一緒になって快適な暮らしを真剣に考え、いろいろなリフォームの方法を誠実に検討してくれる業者と言えます。

お互いの会話がきちんと成り立つかどうかも大切な要素です。お互いの言葉をきちんと受け止められず、円滑なコミュニケーションが取れない業者には、リフォームの依頼を控えた方がいいでしょう。

 

これは、リフォーム業者で働く「人」の問題です。リフォームを依頼する業者が、会社全体として信頼がおけるなら、担当する営業マンや工務を交代してもらうという方法もあります。

もし担当を変更しても以前とあまり変わらない対応で、コミュニケーションがうまくいかない場合は、他のリフォーム業者に依頼する方が良いと言えます。

また、可能であれば、リフォームを依頼する予定の業者がこれまでにリフォームした他の家を見せてもらい、その住み手に直接意見を聞くのも良い方法です。

 

なかなか実現しづらいかもしれませんが、リフォーム業者を通してお客様の声を聞くのではなく、業者が席を外した状態で、住み手同士で率直な話を聞かせてもらうことが大切です。

そのリフォーム業者が丁寧な仕事をしているか、雑な仕事をしているかは、専門知識がなくても実際にリフォームの現場を見ればよく理解できます。リフォーム業者選びのポイントとして、その業者がたずさわった現場を見ることは重要なポイントといえるでしょう。

 

住宅のリフォーム費用節約に繋がる方法を教えます
住宅のリフォーム費用を安く抑えるコツ!費用節約に繋がる方法は?リフォーム業者の正しい選び方と比較方法

  住宅リフォームは新築よりも割高な金額になる?   新築の住宅に建て替えるよりも、大規模なリフォームの方が費用がかかることがあるんです。   実は、新築の住宅に建て替え ...

 

 

図面や現場をもとにリフォームの見積もりをもらう

現場で相談

 

リフォームをする時に最も気になるのは、費用がいくらかかるかということですよね。

リフォームの相談をして見積書を出してもらったら、その見積りをしたリフォーム業者に工事を依頼しなければならないという気持ちになってしまうため、見積もり依頼を電話で済ませてしまうことが起こるのです。

 

例えば

「部屋をひとつ増築すると、いくらぐらいの費用がかかりますか」

と電話で相談した場合、本来であれば、現場を見ないままそのような質問には答えられないはずです。それにも関わらず、簡単に

「いくら位でできますよ」

とまるで親切であるかのように業者が答えてしまうケースも多いのです。

 

部屋をひとつ増築すると一口に言っても、1階の空いたスペースに増築するのと、2階に増築をするのとでは、全く状況が異なります

また、増築してつながる場所の壁に、押入れや床の間・キッチンなどが存在する場合と、ただの壁だけがある場合では、増築費用が全然違います。

 

ポイント

つまりリフォームの見積もりは、すべて現場の状況次第でスタートが違うのです。これはとても大切なポイントです。

 

例えば、狭い部屋を広くしたい場合に通し柱があったり、筋交いのある壁などがあれば、建物の構造に関わるため、壁を簡単に取り払うことはできません

リフォームは新築と異なり、既存の住まいの状況をベースとして計画する必要があります。そのため、やりたくてもできない工事もたくさんあるのです。

 

ポイント

住み手の考えだけでリフォーム計画を決めるのではなく、既存の住まいの図面を準備して、構造などの面から専門家にしっかりと判断してもらうことが重要です。

 

できればリフォームをする時には、実際の現場を専門家に見てもらってリフォーム内容の相談をしましょう

現場を見てもらって相談をすると言うと、相談したその業者に必ずリフォームを頼まなければならないと思い込み、躊躇する人も多いようです。

しかし、あくまでもこれはビジネスです。相談をしてしまったら、そのリフォーム業者とのやり取りを中止できないということはないのです。

 

リフォーム成功の秘訣

  管理人プロフィールページでも紹介していますが、私はリフォーム営業マンとして20年間の実績があります。20年間の中で培った知識・経験からリフォームの成功の秘訣をお教えします。   ...

 

 

住み手の希望を住宅リフォーム業者にきちんと伝える

 

業者に相談する様子

 

ただし、ここで忘れないでおきたいのは、家のリフォーム工事の依頼をするのは住み手本人だということです。リフォームにおける希望は、きちんと業者に伝えましょう

リフォームの希望条件は、工事がスタートする前にできるだけ早く伝えることが必要です。

また、いくら希望を述べても、リフォーム業者の提案するプランにその希望が反映されていない場合や、何度も図面の提案をされるが住み手の言い分が全く配慮されていない場合もあるでしょう。

そのような時は、工事依頼の中止も含め、業者に意思表示を早くはっきりとすることが大切です。

本当はリフォームを頼むのをやめたいのに、その意思を伝えず、ずるずると計画だけが延びていくことは、リフォーム業者に対しても失礼にあたることです。

 

このように、住宅リフォームをする時は、リフォーム希望部分を実際に見てもらい相談することが最も理想的です。

少なくとも、建物の図面など具体的な資料をそろえてリフォーム希望部分を説明しないと、意思が正確に伝わりづらくなります。

図面を共通のものさしとして、リフォームの相談をする側の住み手と、相談される側の業者が、円滑に話をできるのです。

 

 

住み手とリフォーム業者の信頼関係が良い結果を生む

 

住み手とリフォーム業者の関係構築に気を配った結果生まれた効果としては、このような例がありました。

 

体験談

ご依頼主様の家は、玄関ドアの上に屋根(軒)が出ていません。

そのため雨が降った日は、アを開けると同時に傘を開かないと、びしょ濡れになってしまいます

外から家の中に入る時はさらに不便で、荷物を持っている時や訪問客にとっても、雨の日はたいへん困ってしまう玄関です。

ご依頼主様のお家では、

玄関から約1m 80cm 位までポーチを設置すれば、今より良い玄関になるだろう

と家族全員が考えていました。

そこで、あるリフォームの専門業者に相談したところ、

せっかくポーチを作るなら、2階の階段スペースを広げ、玄関ポーチの上をグリーンルームにして観葉植物を置いたらどうか

と提案されました。

しかし、グリーンルームまで増設すると、リフォームの費用がかなり上がってしまいます。また、せっかくスッキリとした総二階の外観デザインが崩れてしまうのです。

そこでさまざまな検討をした結果、リフォーム業者から面白いアイデアの提案がありました。

それは、玄関の前に屋根をつければ全ての問題が解決するのだから、アルミのフレームとプラスチックの板で、柔らかいカーブを描いた屋根を付ければどうだろうかということです。

駐車場用の部材を活かして、玄関ポーチを作ってみることになりました。

まず初めに、寸法のぴったり合う部材があるかどうか調べることから始まり、ちょうど車1台分の部材で、屋根作りにぴったりの寸法の部材があることがわかりました。

しかし、玄関から門の所までは車1台分もの長さが必要ないことがわかりました。

プラスチックの板が4枚で車1台分となりますが、必要なのはプラスチック板3枚分でした。

ただ、問題はポーチの高さです。駐車場の柱は意外に高さが低く、ご依頼主様邸の玄関ドアの高さに対して、部材が低すぎるのです。

そこで柱だけは、駐車場ではなくベランダの柱を使うことにして寸法を調べてみると、玄関の高さとちょうどぴったり合いました。

当日運ばれてきた材料は、薄い紫のプラスチック板で、とてもロマンチックで素敵なイメージの玄関ポーチが完成しました。

それ以来、門柱に取り付けた郵便ポストまで、雨が降っても傘をささずに郵便物を取りに行けるようになりました。

雨の日が何とも楽しくなったとの感想も生まれました。

リフォームで新設した玄関屋根には樋もついているため、雨じまいが良く、なかなか機能的です。

けれども私は、周辺に枝を広げる桜の木の花びらや枯葉が、プラスチック板の上に付着するのが心配だったため、柄の長いをほうきをF様にプレゼントしました。れはとても役に立ったと感謝していただきました

できればリフォーム業者に、このような配慮があるといいですね。

ほうきのプレゼントまでしなくても、こんな掃除道具もあるとアドバイスをすることが大切です。住み手側も、自宅のお手入れの仕方はリフォーム業者に聞いておきたいところです。

 

この例は、リフォームを相談した業者からの提案を家族全員でじっくりと検討し、意見をひとつにまとめたことが良かった例です。

何よりも、リフォーム業者を信用して玄関ドアの増設を実行したことが素晴らしいですね。

このように、リフォーム工事にGOサインを出す時には、住み手とリフォーム業者がお互いに信頼し合うことがとても大切なのです。

タウンライフリフォーム





リフォーム成功の秘訣


管理人プロフィールページでも紹介していますが、私はリフォーム営業マンとして20年間の実績があります。


20年間の中で培った知識・経験からリフォームの成功の秘訣をお教えします。



リフォーム成功の秘訣




  • 満足いくリフォームをしたい

  • 適正な価格でリフォームをしたい

  • リフォームの失敗が怖い

  • 余計なお金を払いたくない

  • 安心できる企業にお願いしたい



これらは、リフォームを検討している誰もが感じていることです。
しかし、リフォーム後に「失敗した」「後悔した」という方が、思った以上に多いです。
せっかく、リフォームをして新しい生活をスタートさせるのですから、適正な価格で、満足いくリフォームを実現したいですよね。



「では、なぜ失敗や後悔の声が多いのか?」


失敗や後悔をしている方のほとんどの方に共通して言えることが、
業者選定を間違っているということです。



現在インターネットが普及して、情報が溢れ、業者のカタログやHPを見ても「うちがいい、うちがいい」
と情報発信をしているため、
選ぶ側としては困ってしまいますよね。
カタログやホームページを見ても、リフォームのイメージは湧いても、あなたの希望に合わせたリフォームが実現できるわけではありません



カタログやホームページの情報だけを判断材料に業者選定をしてしまうことが一番危険です。


リフォーム会社選びは「相見積もり」が効果的


業者選びには相見積もりが非常に効果的です。営業マンの中には「当社だけでやらせてほしい」とよく営業マンから懇願されることがあります。しかし私は、かつてのリフォームの営業マン時代でも、このようなことは一度も言ったことはありません。



むしろ「複数の業者に提案させた方が良いですよ」とアドバスしました。


住宅リフォームは、オーダーメイドです。
リフォームの提案やアドバイスは、業者によって異なりますので、複数の業者にプランや見積もりを提案してもらった方が、色々と比較ができて、良いものを選ぶことができます



そして、見積もり書を並べて見比べるだけで、カタログには載っていない、各社の特徴や問題点に気がつきます。
各業者のメリット・デメリットが見えてくる
費用の比較はもちろん、各会社のプリフォームプラン、担当営業との相性等、業者選びの材料が豊富に手に入ります。


業者のメリットだけではなくデメリットも見えてくる点がポイントです。



また、相見積もりは安い会社を見つけるにも有効です。リフォームの場合、全く同じ条件で見積もりをとっても、50~100万円程度の価格差がでることは珍しくありません。



価格重視で業者を探す方にも、相見積もりは非常に有効な方法なのです。


相見積もりを簡単にもらう方法


相見積もりの利点はわかったけど

「面倒くさそう…」「見積りまで時間がかかりそう」「やり方がわからない」

など、不安がある方も多いと思います。


確かに、相見積もりをとるためには、一社一社問合せたり、電話をかけたりしなければいけないので、時間と労力がかかります。



そこで私がおすすめするサービスがタウンライフリフォームというサービスです。




タウンライフリフォームは無料で利用できる一括見積り請求サービスです。



タウンライフリフォームを利用すると、あなたの条件にマッチした優良企業複数社から見積りが届きます。



お忙しいご家庭でも、簡単に相見積もりをとることができるようになります。
しかも、スマートフォン対応なので電車の中でも簡単に見積もり請求が可能です。



タウンライフのメリットはこれだけではありません!!
通常の一括見積りサービスは見積もりが届いて終わりなのですが、タウンライフの場合は…




  • リフォームの見積もり

  • リフォームのアイデア、アドバイス

  • リフォームのプラン



この3つが届きます。費用の話以外にも悩みがある方、初めてのリフォームで心配な方もアイデア、アドバイスがもらえるので安心です。


比較材料も多いので、あなたの条件に合った形で、最適な料金でリフォームしてくれる業者を探すにはぴったりのサービスです。


しかも、オンラインサポートだから手間がかからない!!


タウンライフリフォームは「選べる・伝える・貰える」無料でオンラインサポートが受けられます。
選べる・貰える・伝える


これだけ充実していて、完全無料なのがびっくりです。


簡単にご利用の流れも紹介しておきますね。


タウンライフリフォームはパソコン・スマートフォン対応サイトなので、電車の中でも簡単に利用できます。


流れとしては…


簡単3ステップ




  1. 希望地域希望箇所を選択

  2. 依頼内容依頼希望会社を選択

  3. 依頼完了!!



簡単3ステップなので手間いらずです。


タウンライフは全国300社以上の業者と提携


タウンライフリフォームは全国300社以上の業者と提携しております。



大手リフォーム会社~地域密着型の小さい会社まで幅広く提携してます。↓↓
大手リフォーム会社~地域密着型の小さい会社まで幅広く提携
この300社の業者の中からあなたの条件にマッチした複数の専門家がリフォームを成功に導く、リフォームアドバイスを提案してくれます。



↓ ↓ ↓管理人のおすすめサイトはこちら↓ ↓ ↓



タウンライフは累計112万人が利用しているサービス


タウンライフシリーズの累計利用者は何と112万人です。
これだけの利用者がいながら悪評が立たないのがタウンライフの凄さだと思います。



利用者目線に立ったサイト作りがユーザーに支持される最大の理由なのかもしれませんね。


【限定】成功するリフォーム7つの法則プレゼント中


タウンライフリフォーム利用者限定先着99名で「成功するリフォーム7つの法則」をプレゼント中です。
無料で使えるサービスなのにプレゼントまで貰えるなんてお得ですね!もらえるものはもらっておきましょう!

↓ ↓ ↓管理人のおすすめサイトはこちら↓ ↓ ↓





↓管理人おすすめサイト↓


すべての人がよいリフォームを望み、
すべてのリフォーム会社がよいリフォームを謳っているにも関わらず、
リフォームで失敗する人が後を絶えないのはなぜでしょうか?

-リフォームの準備

Copyright© リフォームの見積りや費用 , 2019 All Rights Reserved.